日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「SAD SONG FOR UGLY DAUGHTER」〜 ケン坊こと田辺さんについて〜

どうしても田辺ファンなのでケン坊に与えられた役割というものについて考えてしまう。
まぁ・・・出オチ?!っていうのは置いといて・・・
ある意味、この人が登場人物中一番ヤラしいっていやぁ、ヤラしいよね。

望んでるものは明確なのに、それを手に入れられない人。
そのハケ口を、望まないのに手に入れたフトシに暴力という形でブツけて憂さを晴らしている。

人間なんてそんな綺麗なもんじゃないさ。
どんな人の中にも妬みや、あいつさえいなければ、と人の存在を疎ましく思う時がある。

でも「負け」を認めれば吹っ切れるもんなんだ。
「ラジオ人生相談」の加藤諦三がいつも言ってるじゃない。
「あなたが認めたくないものは何ですか?それを認めれば必ず道は開けます。」って。
ケン坊にとってそれは「自分は、七代目にはなれない。」って事だったんだろうか?

やっぱり、どの登場人物も人間の持ってるある一面を担っているんだろうなぁ。

田辺さんはどう理解して何を表現しようとして演じていたんだろう?

でも、演りきってた!田辺さん。
もうウケるとかウケないとか通り越してたし。
唄も踊りも上手いとか下手とかでなく←ないのかよっ!
(サントラを聞いてたら劇中登場人物が歌う唄はみんなケン坊がらみだったしね)

うん、間違いなく宮藤さんの描こうとする世界の彩りを鮮やかにしていた。
それが嬉しかったなぁ。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2011-07-20 02:23 | 誠一くん日記

「SAD SONG FOR UGLY DAUGHTER」感想

17日18日と続けて観たウーマンリブ公演の「SAD SONG FOR UGLY DAUGHTER」

1回目見たときは、明日も一回観るから、と集中力が欠けていたのか、
するすると逃げていって何も掴めなかった。
冒頭、ボイジャーが登場する場面で早速ドッと観客席から笑いが起こるのだけど、
TENGAってのが意味がわからないので、のっけから「あ、置いてかれた!」と
思ってしまったのが原因かもしれない。

で、千秋楽の二回目鑑賞。
こうやってサントラを聞いていると、劇中のいろんな場面、セリフがよみがえってくる。

最初の方は例の荒川さんのボイジャーやら長髪の田辺さんやら
岩松さんの独特の台詞回しとか、
松尾さんのどっかに無理のある頑固オヤジっぷりとか、
ただ笑っていれば良いんだけど、
後半、それぞれのキャラの裏側が見え始めると加速度的に哀しさとやるせなさとイヤラシさが増して来る。
そんな中でも笑えるセリフを挟みこむのが宮藤さんらしい。

フトシが「気配じゃなきゃ俺はなんなんだよっ!!」と言った時に
タツオが「家族だ!」って言うのはわかるんだけど
どうしてけん坊も揃って言ったんだろう?
けん坊は家族になりたかったのになれなかった、
だからお母さんがタツオと再婚した事で自動的に家族になれたフトシを
イジめてたのか?
犬吠が最後に「友達の娘さんが」と言ったときに「友達?!」とつっ込んだのもけん坊だったし。

「家族」っていうのはなんというか、生や死や成長によって
めまぐるしく形を変えていくもので
拠り所だったり、欝陶しい以外の何ものでもなかったり、
でも、望むと望まざるに関わらずその繋がりは切っても切れないもの。
対して「友達」は、自分さえ関係を断ち切ろうと思えばいつでも逃げれる。
そんな事を思った。

宮藤さんが演じるフトシの高校の担任。
せっかく意を決して登校しようとするフトシに「もう来なくていいから。」と突き放す。
あれが・・・世間ってものかな。

「守るべき命がある。」(ってあれACのCMのマネ?)
と自分の子供を救いに行ったボイジャーと、
「一緒に寝るか」とフトシをかばった志乃、
「嫌いなのにどうして・・・」と看病してる翠、
親子の縁。

そして突然終わってしまう命。
犬吠が撃ったのか、銃が暴発したのか、
翠がフトシをかばったのか?

このお芝居にはいろいろな事、、、多分今宮藤さんが感じているいろいろな事がたくさん詰まってるんだと思う。
それをどう感じるかは観客の自由。
押し付けがましくないところがとても宮藤さんらしいと思った。
スッコーンとした終わり方も含めて。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2011-07-20 01:02 | 誠一くん日記