日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

映画「ジーン・ワルツ」感想

「生命の誕生、そのものが奇跡」
「赤ちゃんって希望そのもの」
「産んでくれて、生まれてきてくれてありがとう。」
という映画だと思う。
それは十分に伝わってきたし、涙腺が緩むシーンもあったのだけど・・・

原作では産婦人科、出産にまつわる様々な問題があり、
その中で「代理母」という日本では認められていない方法をたった一人で成し遂げて、
自分の論理、信念のもと、新しい世界を切り開こうとしている女医がいます。
あなたは、どう思いますか?
そう投げかけられているような小説だったように記憶している。

映画の理恵は小説の様にクールではなく、医者として女として目の前の現状に必死で立ち向かっていこうとしている熱い心を持った女性であり、時に揺らぎや迷いが見られて、
「そこに愛はあるのかい?」とあんちゃんのように
叫びたくなってしまった小説の理恵と違い、まことにいじらしい。
「可愛いそうな赤ちゃん…」
あぁ見てられない、清川じゃなくっても抱きしめたくなる。

清川にしてみても原作では、
理恵に誘惑されて乗ったはいいが、
まんまと彼女の計画の片棒を担がされたカッコウになり
最後は「まぁ、いいか、このワルツを踊らされるのも一興かもしれない。」
と開き直るよく言えばおおらかな、悪く言えば当時者意識の欠落している
理恵にとっては◯◯ウマ、手術シーン以外良いとこなしの男だが、
映画の清川はあくまでも理恵loveで、口では上司としてあーだこーだ言うのだが
内心は何もかもをひとりで抱え込み固く閉じた彼女の心を
なんとか開こうとしていて、切なささえ感じられる。

このキャラ変更はわたしにとっては好ましかったが
原作ファンには「なんか違う・・・」と写ったのではないだろうか?
「原作・海堂尊」「チーム・バチスタの栄光」「ジェネラル・ルージュの凱旋」に続く医療ミステリー、
そんな宣伝文句に釣られて観に行った人もなんだか肩透かしをくらったように思うかもしれない。
原作のあるものは難しい。
もし、原作を知らずに見ていたら、わたしも何も引っかかることもなく
普通のヒューマンドラマとして素直に見れたかもしれない。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2011-02-16 02:06 | 誠一くん日記