日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「三代目 明智小五郎」 最終話感想

なんだろうね〜。
このドラマらしい、ピリっとするわけでもなく
バシっと決めるわけでもない終わり方。
「一生やってろよ〜!」みたいなオチだったけど、、、
不覚にもジワッと来た。

やっぱり大人向けのファンタジーなんだよなこれって、と思う。
「上手くいかない現実」は、誰もが抱えているもので、
「捨てきれない夢や憧れ」も誰もがココロの片隅にあるもので。
それを体現している二十面相が哀愁漂っていて何とも言えなかった。

そんなライバルの姿を哀しむ中五郎。
切なさと愛しさと力強さ(なんだか歌の文句のようだけど)
全部持ち合わせている中五郎が田辺さん自身の役者としての持ち味に重なるように思える。
一つ一つの表情がとても良かった。

最後の二十面相と中五郎のやり取りでは
なんだか自分が中五郎に励まされているようで、やけに胸に刺さってしまった。
そして「大人はいつでも子供に戻れる、それが大人の特権」というメッセージ。
ちょっとばかり元気になれそうなかっこいいセリフだったなぁ。

Quick Japanのインタビューで片桐さんが
「福原さんの台本でよくぞここまで福原味が残せたな。と」と語っていたけど
この最終回のテイストがまさにそういう感じなんだろうな、と思う。

中五郎も「こういうのは『まったく〜』って感じで見てくれてる人がいないと寂しいので」(どこまで甘えてるんだか)と最後に言ってたけれどこのドラマで
小林少女の役割は大きかった。
彼女がいないとバランス保てないように出来てたんだなぁと再確認。

惜しむらくは最後のシーンに高田刑事がいなかった事。
中五郎と二十面相のが入れ替わってるのに戸惑いながら二人を
「待てぇ〜」と手錠を振りかざしながら追いかけて欲しかった。
って、どんだけ高田刑事好きなんだろ。

良い終わり方だったので寂しいけど続編はなくても良いかなぁ。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2010-06-18 02:42 | 誠一くん日記

「三代目 明智小五郎」 第九話感想

地下に張り巡らされた通路とか
叫びながら走ってくる根津えり子とか、
なんとなく江戸川乱歩というよりも横溝正史「八つ墓村」を思い起こさせる。

レギュラーメンバーに加え戸田恵子、橋本じゅん、西岡徳馬、と文字通り役者が「揃ってる」し、皆さん芸達者。
その分小林少女の役割が薄くなった感じ。

今回は二十面相まで幽霊になっちゃって中五郎と二人で事件を解決するという運び。
幽霊になってしまった二十面相と中五郎のやり取りが面白かった。
他にも細かいところでは「大五郎さんって普段は地獄にいるんだ。」という二十面相のつぶやきとか
「じじい」とか、エンマ大王の使いにつつかれる大五郎とか、なかなかツボだった。

権藤の愛の告白が実らないその理由もくだらなくてこのドラマらしい。
でもじゅんさんは、まだまだこんなもんじゃないでしょ?勿体無い。
もうちょっと濃くても良かったのに。

今回の萌えポインツは、
町内のみんなを救うためにと「間違った選択」をしようとする中五郎。
人生のラストチャンスかもしれないというのは
探偵として町内の役に立ちたいという中五郎の夢が叶うのは
今、この時しかないかもしれないってぇ事で・・・
そうまでして「探偵」になりたいんだなぁ、中五郎。
って思うと健気で萌えてしまった。

でも、今回の一番のポイントはやっぱりラストの中五郎を見る二十面相の表情。
次回最終回、このままでは終わらない、終われない二十面相が
何をしでかしてくれるのか、ほんとの中五郎VS二十面相が展開されるのか?
魅せてくださいよ〜!!

それにしてもマヨネーズの蓋が。。。どうしたんだろ?
[PR]
by bisyamonkikkou | 2010-06-13 04:30 | 誠一くん日記

「三代目 明智小五郎」 第八話感想

前回パターンは守ってほしい、と書いておきながら、
今回、高田刑事も出てなけりゃ中五郎が殺されるという
このドラマのお約束すら守れていないのに・・・なぜか許せるのは何故だろう?

一応、推理があったからなのか?(しかも今回は初めて自分絡みじゃない)
ぬっくんの演じる可笑しくてもの哀しい指名手配犯、誠が良かったからなのか?
それとも・・・二十面相の力技的コスプレ?ラー油マンの容赦ない破壊のされ方?

いやいや、きっと中五郎の僅かばかりの成長っぷりと
それを演じる田辺さんの表情が良かったから。
あ、スイマセンね。単純で。そんなもんです。
毎回どこかに「笑い」でも「萌え」でもいい、心動かしてくれるポインツがありゃそれでいいんです。

ただ、誠実が二十面相の紛争をして・・・あたりのドタバタは
なんだか意味がないというか、なんの伏線にもなってなくて
無駄なような・・・あそこをなんとかすればもっとテンポが良くなるような気がする。

でも今回のツボは「バライロ」CD告知の時の小林少女に
踊りを教える中五郎だったりする。

さぁさ、来週はいよいよじゅんさんの登場!
お久しぶりのパパさまも出られるようだし、スタッフポイント率高いよ〜!!
[PR]
by bisyamonkikkou | 2010-06-05 04:48 | 誠一くん日記