日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

公開二日目の朝一番に見に行ったのだが、朝早い時間にもかかわらず
7割くらい埋まっていて、しかも子供率が高いのに驚いた。
そして自分も子供連れだし・・・
TVシリーズの映画化という事なので、一応流れを理解する為に第一シーズンをレンタルして、
子供と一緒に見ているうちにわたしより子供の方がハマってた。
やはり「ゲーム」という要素が子供にウケるんだろう。

で、この映画版の前哨戦となっていた第二シーズンは
ついこの1月まで放送されていたのでまだDVD化されておらず、
そちらは見る事が出来ずにこのファイナルステージを見たのだけれど、
それがちょっと失敗だったかもしれない。

と、言うのは第一シーズンを見ているせいで
「どんでん返しにびっくりしない」「結末の予想がついていしまう」
といった弊害が発生してしまった。
かつ、第二シーズンを見ていないので映画版で結末を知りたい!ってな感じの
「ライアーゲームフリーク」にまで到達しなかった。

とは言え「どこで誰が裏切るか?」とか、
「フクナガきたぁーーーーっ!!」みたいな楽しみ方とか、
「直=どMっぷり&秋山=どSっぷり」を堪能するとか、
とにかく二時間の間、ライアーゲームの世界に浸れる面白さ、というのは
この映画版、十分にあったと思う。

ここからはネタバレ













ちょっと残念だったのが「X」の正体がわかってから、
「X」が落ちるのが早すぎるので「X」の恐ろしさがあまり感じられなかったところ。
まぁ、「X」は誰だかわからない!というところが一番怖いところなのでそれは仕方ないか・・・
唯一「わ〜、Xって恐そ〜〜。」と思ったのが「お口ミッフィーちゃん投げキッス」
パンフレットを読むとあれは田辺さんのアイデアだったそうで、
うん、あの仕草良かった。

というわけで、その「X」が田辺さんだったわけだけど、
あちらこちらで結構目にするのが、このメンツだったら
「X」は田辺さんしかいないだろう、見る前にわかっちゃったよ、という感想。
ま〜、逆に「X」でなくて田辺さんがただのいちプレーヤーだったらわたし怒りますけどね。

で、その田辺さんの「X」っぷり、
秋山に「バカ正直の直以下」と蔑まれ壊れる「X」を体現するところとか
負けてからの抜け殻っぷりとか、ラストの改心?した時の表情とか
「X」の正体がわかってからラストまでの短い時間の間に
次々と繰り広げられていくわけだけど、これくらいはまぁお手のモノのでしょうといった感じ。
その辺りがやや不満だった、というかこういう感じの役作りは今までにも見た事があるので
取り立ててどうこう言うところはない。
わ〜〜〜、ものごっつエラそうな物言いになってる。すんません・・・
あ、初日舞台挨拶の田辺さん、デラかわカックいかったっス。
a0022153_302116.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2010-03-17 03:00 | 映画日記

「853 刑事加茂伸之介」最終回感想

最終回です。
ひさびさだな〜、真澄様と小野寺先生のツーショット。

いつもどおり突っ込みどころはいろいろあったけど、
てか、用意されたラストに向かう為に都合良く運びすぎ!
・・・なんだけど、もう勇作ちゃんがカッコ良かったのですべて許す、OK。

まぁ、最初から哲太が悪いって事がわかってる上で進んでいくので
どこでどうやって加茂ちゃんが疑いをはらすか、
そして疑われる加茂ちゃんを武藤及び、武藤班の面々が
いかにして助け出すか、というところが見所なわけだから細かいことより
ぼちぼちキャラが確立してきた登場人物たちの心情が感じられればそれで良かったと思う。

毎回入れられる「切なさ」
今回は昔の仲間が堕ちてしまって、
それでも仲間を思う気持ちだけはちゃんと残っていた事と
加茂と武藤班との別れ。
これもちゃんと描かれていたと思う。
(最後の真島刑事のワンコ顔は可愛すぎる。)

最終回まで見てきて途中何回か作っている側の遊びが
ただの自己満足に終わっているように感じられることがあり、
古き良き時代の刑事ドラマを、というコンセプトが
ただの古臭いドラマになってるだけじゃないか、と思うこともあったけれど、
全体と通しての安定感はさすが刑事ドラマ、
安心して家族でご飯食べながら見れるドラマだった。

田辺@勇作ちゃんについては、
頑固で融通の聞かない、という武藤勇作の芯の部分を変化させずに
加茂に少しずつ感化されていくところが見られたここ2回が特に良かったと思う。

ただこれの第二シリーズがもしあるとすればもう一回出てほしいかと言えばちょっとビミョ〜かな。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2010-03-12 02:34 | 誠一くん日記

「853 刑事加茂伸之介」第七回感想

気分によって「加茂!!」「加茂さん」と呼び分ける勇作ちゃんがツボでした。
これはぷちツンデレなのか?

お話は、殺人犯を父に持った女と彼女を見守り続けてきた三原課長、
過去の罪を償わずに生まれ変わろうとした男と罪を償い続ける(って言ってるのを聞いただけだけど)
加茂ちゃん、てな感じでしょうか?

相変わらず、その電報、燃えかす探すよりN〇Tに聞いた方が早いのでは?と思ったり、
婚姻届はどうするつもりだったのか?とか、彼氏は職業何だったけ?とか、
いろいろ突っ込みどころもあったけれど
一番気になったのは、彼氏がどーも生まれ変わらせてあげたい!と
思わせるような人でなかった事。
心底悪そうだった。

それでかなぁ、今回イマイチ乗り切れず。

あ、今日ノベライズ買いました。
a0022153_2431960.jpg

来週はもう最終回、いよいよ勇作ちゃんがおんもへ出る時が来るのか?!
[PR]
by bisyamonkikkou | 2010-03-08 02:41 | 誠一くん日記