日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「気骨の判決」 感想

鹿児島での証人尋問で翼賛側に組し、原告の選挙運動を妨害した人たちが
自分たちのやった事のどこがいけないのか?と証言しているのが印象的だった。

昨年のNHKの同時期に放送された「最後の戦犯」もそうだったが
単なる戦争反対ではなく、その一局面を丁寧に描く事で
「戦争」とはどういったものだったのか、を
今、現代に生きるわれわれにその事実を投げかける作品だったと思う。

ノンフィクションを元にしているとはいえ、やはりドラマなので
NHKでシリーズで放送されている戦争ドキュメンタリーには
リアリティという点では及ばないが、
主人公を演じる小林薫さんがとても巧く「吉田久」という人に
命を吹き込んで面白みを作っていたように思う。

ただ、國村さん演じる伊地知校長が自らの命を絶つ、という筋書きが
どうも納得出来ない。
その事を日本人の弱さ、人の弱さに繋げ、その弱さゆえ
多数の人々が大制翼賛会に加担し、公平な選挙が行われなかった、
故にこの選挙は無効としなければいけない。
というところへ繋げたのはわかるのだが、
人の命の重さを人一倍理解していたはずのあの校長が?と疑問を持ってしまう。

さて法の理想に燃える西尾裁判官。
若くて熱い、だがまだまだこれから、という感じ。
証人尋問の時に見せる戸惑いが、人間味があって良かったと思う。
もうちょっと吉田との絡みがあったらワクワクしたのになぁ、と
そこのところがちょっと残念だった。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2009-08-19 02:29 | 誠一くん日記

富士登山2009

今年の富士登山は楽しかった。

去年は初めてという事もあり、友人4人とツアーに参加しての富士登山だったが、今年は子供と二人で登った。

久しぶりに集まった元会社の同僚達と登った富士山も、
事前のトレーニング登山も含めて楽しかったのだが、
あまりにも「頂上でご来光を見る。」という事にこだわりすぎて
(ツアー自体がそういう趣旨なので仕方がないが)
かなりハードなタイムプランで、おまけに高山病にかかった事もあり、
下山道の最後の方では体力的に限界を超えてしまった。

そんな状態で途中で友人とはぐれて(といっても一本道なので自分が遅れてただけだけど)
延々と続くジグザグなイシコロだらけの下山道をひとりで黙々と歩かなければならなかった。

おまけに山を舐めてはいけないと、レインウェア、防寒具etc.
他の4人に比べ装備万端だったのだが、ガイドの人もこんなのは珍しいというくらい丸二日間全く雨の一滴も降らないピーカン天気。
重いだけだった・・・

そんなこんなでなんとな~く後味が悪くなってしまった。
と、いうより悔しかった?!
とにかくもう一回行きたかった。リベンジ?

あと、純粋に雲の上から見た景色や、ものすごく濃い青の空。
普段見る事の出来ないようなものを子供と一緒に見たかった、というのもある。

で、今年は、ネットや雑誌、本でもお勧めの「須走口」から登った。
「お勧め」というだけあって、登る距離こそ吉田口より長くなってしまうが
途中までは森林もあり、人もそんなに多くなく(吉田口の混雑ぶりは凄かった!)
ゆっくりと富士山と自然を満喫しながら登る事が出来た。
(あんまりゆっくりしすぎて八合目の山小屋に到着する頃には、
あたりが暗くなってしまい焦ったけれど。)
a0022153_4335322.jpg

結局、この八合目の山小屋でそれまで調子の良かった子供が軽い高山病になってしまい、頂上までは登る事が出来なかったのだけど、
子供も来年はもう中学生だし、こんな風に二人きりで時を過ごす事も
少なくなるんだろうなぁ、などと感傷的になると、
「あ~、今年富士山に登って良かった、良い思い出が作れた。楽しかった。」と
余計にそう思う。

どんな事でもいいから良い思い出を重ねて歳をとっていけたらなぁ、と思う。
そんな風に思う事って歳をとった証拠かもしれない。
a0022153_4343730.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2009-08-13 04:34 | 日々のあれこれ日記

「あべ一座」感想

田辺じじい!!

じじいに萌えるとは思わなかった・・・

テレビ情報誌に載っている田辺さんの表情を見ると本当にイキイキとしていて
やってて楽しかったんだろうなぁ、と思ってはいたんだけど
いやはや「お茶の間コント」演ってたな〜。

まず田辺家のひとり息子「誠一くん」あ、その前にナレーション!
このたどたどしさも計算のうちなのか、やっつけだったのか?
誠一くんの帽子は「タイガー&ドラゴン」で、あの「ジャンプ亭ジャンプ」がかぶっていた近鉄バッファローズの野球帽!
近鉄百貨店が生活圏だった人間にとってはテンションが上がる小物なんだ、これが。
これって誰の持ち物なんだろう?

ちょっとひいき目も入ってるけれど誠一くんとサダヲとの掛け合いシーン、
ひときわ間が良かった。
かき混ぜた生卵をサダヲにかける小ネタはアドリブっぽい、いかにもやりそうだ。
ただ、嫁「誠子」は若干キャラをコスチュームに頼り切ってた感があったような気がするが・・・

そして「あべ家のなんでもない一日」の後半。
ここで一気にじいさん萌え♪
ゲーハー鬘はもとより、あの情けないステテコ姿!!
「アリキック」って・・・わかる人は40代以上でしょう。
じいさんキャラのたちっぷりは半端なかったような気がする。
「あべない刑事」がカットされた事はとても残念だけど
この田辺じいさんを見れただけでも満足だ。

これを生で見た人の高揚感には及びもしないだろうが
エンディングのあべ一座の面々の表情を見ていたらなんだかとてもすがすがしい気持ちになった(ような気がする)
[PR]
by bisyamonkikkou | 2009-08-08 02:04 | 誠一くん日記

「ふたつのスピカ」 最終話感想

終わり方って難しいなとつくづく思った。

人それぞれの好みもあると思うし、あのラストシーンを見て「良かった!」と思う人もいるだろうが
わたしは、宇宙飛行士アスミの凱旋は無い方が良かったと思う。
エピローグなしを「ふりにげ」っぽくなってしまうのは嫌だとスタッフのブログにはあったが、
ピッチャーが力一杯投げるところで終わっても良いのではないだろうか?
その球がストライクになるか、それともホームランを打たれるのか?
それは見た人に委ねてくれれば良い。
ここまでちゃんと見て来た人には、このドラマのメッセージは十分に伝わっていると思う。

ちょっと残念だなぁ、と感じた。

あと佐野先生はやっぱり教職が天職なんじゃないだろうか?
なんとか大学の準教授の話しは受けるべきだったのでは・・・
[PR]
by bisyamonkikkou | 2009-08-06 04:15 | 誠一くん日記