日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ふたつのスピカ」 第二話感想

宇宙が好き、あるいは好きだった、という人は多いと思う。
陽が沈み、どこか物悲しい夕暮れ・・・
なんだかとても寂しい気持ちになったその後、真っ暗な夜空に無数に煌めく星々。
闇に包まれながらもどこか安心したような気持ちになる。

年を食って、追いかける夢もなくなると同時に
そういう気持ちもいつか忘れてしまっていたなぁ、と2回目を見て思った。

今回はまっすぐで健気なアスミ達が、とても心に染みた。
万里香が自身の境遇に重ねながら「親なんか関係ない!」とアスミに叫ぶところが良かった。
それにしてもあこがれの先輩までもが獅子号墜落の被害者だなんて・・・
うぅ、辛すぎるアスミ・・・
そして佐野が見舞っていた人は・・・

意外性や新しさはないけれど、最後まで見たらきっと良いドラマだったなぁ、と
思えるような気がする。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2009-06-26 00:36 | 誠一くん日記

スタートレック (ネタばれあり)

今週は宇宙weekってことで「スタトレ」!
5月の終わりに「GOEMON」を見に行った時に予告編を見たのだけど、
「スタトレ」が又、作られているという事を全く知らなかったものだから
「あ~、SFものね。」と思って何気なく見ていたら・・・
絶壁から落ちそうになった生意気そうな子供が九死に一生を得た後にいった台詞が
「My name is James.T.Kirk」!
え~!!ジェームス・ティ・カークぅ~~~~~?なんだってぇ~!!とびっくりした。

その日に映画館の入り口でもらったチラシがまさにその映画のもので
内容を読めば若き日のカークとスポック、その他エンタープライズ号の面々がいかにして
その船の乗組員になったか、という話しらしい。
これは十代の頃、「トレッキー」というようなマニアではないが
「宇宙大作戦」にハマったもののひとりとしては見に行かねば!と思い
もう上映回数が一回になってしまった今週、すべり込みで見に行った。

感想は、昔の「宇宙大作戦」テイスト(ユーモアや活劇度を含めたストーリー、)
を保ちつつ今の時代の迫力ある映像で理屈抜きに楽しめた。
オリジナルとの矛盾を「パラレルワールド」という時空の飛び道具で乗り切っているのも
うまい、と思った。
ただ、惜しむらくは若き日のスポックがオリジナル?のスポックと比べて本当に違和感なく
(少し背をかがめて歩く姿や小首をかしげる仕草、おなじみの眉あげ等々)
かつ、若さゆえの未熟さやナイーブさもあり、とても魅力的だったのに対して、
ヤングカークがわたしにはどうも最後までなじめなかった。

カーク船長はそりゃ確かにあちこちの惑星で浮き名を流し、
口八丁手八丁+腕力で宇宙を渡り歩いていたような人ではあるけれど、
とても品のある人だった。
ちょっと今回のカークはワイルド過ぎたような気がする。
少なくても両鼻の穴に鼻血止めのティッシュ詰め込んで酒飲んでいるような人じゃないと思う。

あと、ラストでロミュランのボスと最後に交信したカークが
「その気があるなら助ける準備があるが。」と(いうような意味の事を)言うのだが
それに対しスポックが「何を言うんだ?(みたいな)」と疑問の目を向け
「一応平和的に言っておかないとね。(ってなニュアンスで)」と返して
スポックが納得する、というシーンがあるのだが、これは・・・なんというか合衆国的傲慢だと思う。
あそこは、強引にスコッティに命じて敵艦に残っているロミュラン人達を転送してほしかった。
カークにはもうひとつ人より大きな器でいて欲しかった。
そこにもキャプテンの資質というものがあると思うので。

でもやっぱり「宇宙、それは人類に残された最後の開拓地・・・」
というナレーションでワープするエンタープライズ号がいいんだなぁ。
パート2があればきっと見に行くだろうな。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2009-06-24 00:08 | 映画日記

「ふたつのスピカ」 第一話感想

こういう直球型?のドラマを見たのは久しぶりな気がする。
ひたむきで懸命な主人公、とそのライバル達。
ラスト近くの「野外訓練」が登場人物のキャラ設定を見せながら
うまく初回の盛り上がりを作っていて良かったと思う。
獅子号墜落事故の真相や父・友朗と教官・佐野との因縁?など
過去に宇宙を夢見ていた大人達の物語も気になるところ。

それにしても・・・ヤなやつだったなぁ、佐野教官。
ラストのアスミに向けた言葉も含めて本当にあまりにヤな感じに嬉しくなってしまった。
ここからどんだけ変化するのか、それが楽しみだから。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2009-06-22 01:51 | 誠一くん日記