日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「神の雫」第3話

あぁ、そっちの方へ行っちゃったのね、一青さん。

原作ではこの使徒対決の時、一度は両者とも間違ったワインを選んでしまい
一旦仕切り直しとなった後、両者同じワインにたどり着くのだけれど
一青はワインを表現する事を止め雫の不戦勝となる・・・
なぜ、一青はそんな事をしたのか?
この使徒探しの過程で一青は昔の出来事を思い出す。
母親と遊びに来た遊園地ではぐれてしまった一青、途方にくれている彼に「おいで一青。」と優しく手を差し伸べたその人は・・・?(←ここがとっても重要、老人じゃない。)
そしてその後のつかの間の団欒。

という過程を経て、一青はあのワインにたどり着くんだけど
ドラマでは強引でしたね。
ワインへの渇望→奇行→使徒ワインの発見!!
鬼気迫る一青のコルク嗅ぎとコルク食べ、グラス割り、で誤摩化されてるだけのような気がする。

どうやって見つけたか、というところが重要だったんだけど
それを一青、雫、両方でやってしまうと話しが散漫になってしまうのかな。

今回流れとしては、雫とみやびの関係を、みやびの幼馴染みの高杉社長、「ホッとするワイン」探しと絡めて描いていてそれはそれでうまくまとまっていたと思う。
高杉社長が豆腐屋の息子でブランドの本当の意味をみやびに気づかせるところも良く出来て、、、ちょっとこれは都合良すぎか?

原作の一青は神咲豊多香に勝とう、彼を超えよう、としているのだが、
ドラマの一青は近づこう、近づこう、と懸命になっていて一番豊多香に近かった雫に激しく嫉妬しているように見える。
ドラマの中で使徒探しは一青の人間性に変化を与える事が出来るんだろうか?

で、来週は・・・え?モナリザ??第二の使徒と第三の使徒を入れ替えた意味は何?
モナリザに一般的な母性ではなくそれぞれの母親を重ね合わせるの??
で、で、なになに??今度は一青はモナリザの絵を描くって?!
おぉおおおおおぉおおお〜〜〜〜田辺画伯の絵がこんなとこで見れるとは?「お笑いマルコポロリ」以来だね。
↓一青画伯の描くモナリザってこんな感じかしら?ううん、こんなもんじゃないよね、きっと
a0022153_232988.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2009-01-29 02:32 | 誠一くん日記

「神の雫」第2話

「第一の使徒」は一青さんが負けるってわかっているからなのか、あんまり気乗りのしない第2話。
でも負けっぷりが良かったので許す!
それよりも「第二の使徒」が「団欒」ってことは・・・ん?「モナリザ」飛ばしちゃうの?
でも一青がワインへの渇望を極限まで高めるってのは「第二の使徒」対決の時で、
そこだけ原作通りで辻褄あうのか?
まぁ、タクラマカン砂漠には行けないだろうけど・・・
団欒が出てくる「第三の使徒」対決の時の一青が一番好きなのになぁ。

で、記憶喪失の女性画家に使徒探しを絡めた第二話。
本当は記憶は既に戻っていて雫とみやびが現れた事で真実を告白する勇気を持った、
という作りは短い時間の中でまとまりをつける、という点では良かったように思うんだけど・・・
もう元々無茶な話しなのであまり綺麗に納めようと思わない方が良いのでは?
ただ部長の不倫話は笑えないし完全に要らない!

今回面白かったのはやっぱり「CGっすか?」(byみやび)
ツボはマキさんにどこやらの土を「あ〜ん」してもらう一青。
あと、一青の語りに「何言ってんの?このおっさん??」的なみやび。
語ってて途中で「がぁあああああん!!違う!!」な一青。
あ、みやびと一青ばっかりだわ。

余談:神咲豊多香氏の遺言状に書かれている文字は一行さんの字だね、懐かしい。。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2009-01-21 02:58 | 誠一くん日記

「神の雫」第1話

端折りましたね〜ずいぶん。
特に「ファミーユ」のエピソードは削りすぎなのでは?
せっかく良いキャスティング(益岡&本仮屋)なのにもったいない。
原作を読んでいない人には「???」な部分もかなりあったのでは?と心配になってくる。

だけど、面白かった!
何が面白いってツッコミどころがいっぱいなトコ!
・そのお墓はいったいどこに建ててるの?
・お父さんが亡くなってまだ自宅に安置されてるってのにワイン開けてあ〜だ、こ〜だ言ってるアンタ達って・・・
・おいおい!何ワイン一杯で歌い踊ってるんだよ♪で、何の歌?それ。
・おやおや、来週もバスローブツーショットですか(一青&マキ)

ドシリアスを期待してはいけない。
まんが原作はこうやって楽しんで見るもので良いと思う。
そうやってツッコんでツッコんでいつの間にか
「こ〜んなにツッコミどころ満載なのになんであたしゃ感動してんだろ?」と思わせてくれたら・・・星4つにしてさしあげるわ。

で、一青@田辺さんですが・・・
今、またこういうキャラって、楽しみなような反面がっかりしたらどうしよう?とか見る前は割と複雑な感じもあったんだけど、いざ見てみると楽しめた。
他のキャラが原作とは微妙に違うなか、一青だけはビジュアルも含めてかなり近いと思う。
序盤はイヤミな自己陶酔キャラだけどそれも原作通りでこれからどういう風に変化していくか楽しみ。
「お〜、お、お、お、お、お、おおお〜」って言うのかな?ってドキドキしてたけど「お〜」くらいで良かった・・・

余談:私的にこのドラマ「昔の男&今の男」共演。
ティーンズの時にどっぷり古谷一行ファンだった。
ついこの間偶然だが「古谷一行のパネルどうする?」と実家の兄から電話があったのも何か感慨深い・・・
[PR]
by bisyamonkikkou | 2009-01-15 04:00 | 誠一くん日記