日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

容疑者Xの献身

映画はポケモンくらいしか見ない子供が珍しく「絶対見る!!」と言うので一緒に観に行った。
こうやって高視聴率TVドラマの映画化って確実にヒットするんだろうな。

試写会や公開後の人様のレビューを見ると
大雑把な印象としては、原作ファンの人には不評で
TVシリーズファンの人には好評といった感じであった。
まぁ、原作ファンの人が満足するような実写化というのはあまり聞いた事がないので仕方ないだろうと思う。
わたしが今クールで一番楽しみにしているドラマ「流星の絆」も同じ東野圭吾原作だけど、知り合いの原作ファンに言わせれば「あんな風になっちゃって・・・」という評価だし・・・
活字を読んで個々の頭の中でイメージを膨らませ定着させたものに実写が追いつくのはなかなか難しい。

で、「容疑者Xの献身」
ドラマの時のような湯川先生のパフォーマンスや嫌味な程の二枚目ぶりを披露するシーンなどはなく、シリアスで堅実な推理ドラマだった。

まず気になった事と言えば・・・「まったくどうなってんだよ、この家は。」という長塚圭史の台詞、声や言い回しがお父さんにそっくり!!
お父さんも中年になられてからは良い人役が多くなったけれど
昔は嫌味な役や陰湿な役でよくこんな風にイヤ〜な感じを醸し出していたっけ。

それはさておき本当に気になったのは・・・この事件の推理には「物理」はまったく必要なかったので湯川先生はただの探偵と化していて持ち味、というか湯川先生が謎を解く醍醐味、みたいなものが薄れていたという点。

しかし、まぁ長塚圭史をはじめ、話しの中心となる堤真一、松雪泰子、etc,キャストにリアリティがある分、テレビドラマでは浮き世ばなれした湯川先生をそのまんま入れてしまうと軽くなってしまうので仕方ないか。
作品としてはスクリーンで見る価値は充分にあったと思う。

上映時間は割と長かったが子供も引き込まれて見ていたし面白かったらしい。
で、上映後の第一声が「『SP』の映画はまだ?」
テレビドラマの映画って鉄板だなぁ。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-10-31 01:49 | 映画日記

鈴木く〜ん♪

あるかな?あるかな?と思って近くのTOHOシネマズに行ったら
ありました〜〜〜〜〜!!
等身大鈴木くん
a0022153_19122718.jpg

顔のアップ
a0022153_19131015.jpg

意外に渋い感じ
こんなのも。
a0022153_19133834.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-10-05 19:13 | 誠一くん日記