日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ぐるりのこと」感想(ネタバレあり)

こりゃ、どうもいい加減な気持ちでは見れない映画だろうな、
と「ぐるりのこと」のHPを見て思っていた。

実際見てみると、確かにとても「しんどい」映画なのだけれど
リリー・フランキーがフッと、その張りつめた空気を和らげてくれる。
それがとても良い。

繊細に丁寧に、二人と、二人を取り巻く人、出来事、が描かれていく。
とてもちゃんとした映画だと思う。

思う、のだけれど・・・

でも、何というか・・・暖かい感情とか感動とかが湧いてこない。
こんな自分は、感受性に乏しいのか?あるいは大事な何かを見落としているのでは?と思う。
いやただ単に好みの問題なのか。
それとも夫婦生活を長い間やり過ぎて乾いているのだろうか。

「翔子」は「女で苦労するのはわかってるのよ。」と友人に言っていたが
「カナオ」は女にだらしない、というよりは、女に優しいだけにしか見えないし、
きちんとした仕事とは言えないかもしれないけれど、ちゃんと法廷画家の仕事をしている。
こんないい人いないよ、と思えるくらいだ。
ある意味女にとっては理想的すぎる位。

対して「翔子」は・・・
そう、わたしにはこの「翔子」がどうにも理解出来ない。
自分の「こうしたい。」という事を人にも望むのはどうかと思う。
そして「翔子」の行動の中で、どうにも納得いかなかったのが「中絶」。
そこまで追い込まれていたから、というのはわかるのだけど・・・わかってはいるんだけど。
どうにもここがひっかかってしまって、ラストに「あぁ、良かったね。」と思えなくなってしまった。
そんなんで、最後に「生」を象徴するような天井画を描く事で再生していく、というのは都合が良すぎる気がして。

その一部分にとらわれ過ぎて入り込めなかった自分が悪いだけ。
片岡礼子は相変わらず凄かったし、その演技を見るだけでも充分価値はあったと思う。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-06-24 23:47 | 映画日記

塩ハンバーぐぅ!!

a0022153_23453648.jpg

さぁ、これがあの人を虜にした塩ハンバーグだっ!!(多分)
(撮影許可は頂きました。)
というわけで本日「ハンバーグ探検隊関西第一小隊」
OBPから約40分(だいたい)のこちらのお店へ潜入。

見習い(もしくはバイト)のとても感じの良い男の子から
メニューの一通りの説明を受け「ハンバーグ定食」を頼むと
「そこのお姉さん、良かったら今日この肉が・・・」とご主人からステーキを勧められる。
「お〜、来た来た!」と思いながら、にっこりと笑顔で
「いえ、今日はハンバーグ定食で。」と(想定内の)ご主人の口撃をかわす。
が、すかさずご主人の第二砲が繰り出される。
「ええ方に(定食には二通りある)しとき!野菜も全然違うで!」
予想外の追加攻撃に思わずやられて「じゃ、そっちの方で。」と承諾。
a0022153_23463639.jpg

これが言う通り美味しいのだから仕方がない。
これに、あと特製汁とごはんと漬け物が付く。

メインの塩ハンバーグ。
なんというか、とても「牛肉」の味がする。
牛肉100%だとパサ付いた感じがするものだけれど、とてもジューシー。
脂身の入れ具合が絶妙なのだと思う。
あっさりしているのに堪能する。
脇に添えられている塩を少しと胡椒を多めにつけると一層味が深くなる気がする。
こうやって帰って来て思い出していると・・・又食べたくなる。
次は家族を連れてきたい。
次の作戦はこうだ。
一人は「ビーフシチューウ」(と表のメニュー看板にあった。)を頼み
二人は「ハンバーグ定食」を頼む、そこでご主人の「良かったら」攻撃が繰り出されたら
「じゃ、一人はステーキで」と言う。
女は欲張りなのでイロイロ食べたいのだ。
a0022153_23471524.jpg


このお店のある商店街の隣にある「タナベキネマ」
a0022153_23474624.jpg

今日は噂の「相棒」が上映されているらしい。
そして隣の「タナベ国際シネマ」では昔も今もムムムな映画が上映されている。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-06-01 23:48 | 誠一くん日記