日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

28mm

「我が周囲をあざむくも混沌と取り巻いているこの世界を、カメラの枠の中に構築する」

先日購入した田中長徳著「GR DIGITAL WORK SHOP2」には
数々の「しびれる」文言があってこれはその中の28mmについての一文。
自分は28mm位の広角のレンズで撮影した画が好きだ。
それについて「なぜ?」と深く考えた事もなく「なんだか好き」と思っていた程度なのだが、
これを読んで「あぁ!!そうか!」とびびーん!と来た。
28mmで撮影した画は実際の人間の目で見る視野よりやや広い。
今、自分の目で見ている状況よりも少し多め、
その+αのスペースに何が入るか、何を入れるか。
うまくいけば「モノ言う画」になる。

tanave.comのfotoが更新されて先日TOPにちらりとお目見えした
DP1による画像がupされた。DP1も28mmである。

休日の公園、
写し出される優しい影がやわらかな春の陽を思わせる。

これは人の目線というよりも
咲き始めた花の香りに誘われてやってきて
公園のところどころにとまった蝶の目線のよう。

春が来た。
それだけで少し心は軽やかになり
暖かい春の日差しを浴びに人々は集う。
洪水のように押寄せる哀しい知らせに気持ちは沈むばかりだけれど
ここには「春」という名の幸せがある。

fotoの画はそんな事を構築しているように思える。

a0022153_324212.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-03-30 03:24 | 日々のあれこれ日記

写真の品格

tanave.comのTOP画像がSIGMA DP1に変わって思わずニヤリとしてしまった。

某DP1板は皆さん所有した喜びに沸いており
この少し扱いづらいが卓越した解像力を持つカメラを
愛してやまない様子がちょっぴり羨ましく思えて来たりする。

2月の「デジタルカメラマガジン」の連載「デジカメ風雲帖」で
田中長徳氏がライカM3のミニチュアデジカメが案外いける、と書いている。
そこにあるピントの甘い、くすんだ様な色合いの画質には見覚えがある。
わたしが初めて買ったデジカメがこのミノックスのライカM3だった。

フォトキナで発表されたこのカメラが売り出されるという新聞記事を読んで
その姿に一目惚れしてわざわざ新聞社に問い合わせて買った。
130万画素だった。
なかなか色が出ないのでレタッチというものを初めてやってみたりした。

デジタルカメラの世界はどんどん進化を続けている。
デジイチもわたしの様なものでも気軽に使えるようになり、
画質も出始めの頃とは比べ物にならない位に良くなってきた。

だけど田中氏は「ミノックスのライカM3は忘れていた大事なことを思い出させてくれる。」と言っている。
その画像は、デジカメが35万画素が普通でそこから100万画素を目指していた輝かしい過去の時代、懐かしい思い出のデジカメ画像だと言い、
フルサイズRAWモードデジカメ一眼レフは「現実の光景をそのまま引っ剥がして」きたようでシャープではあるが「品格」などはない、と言っている。

そう、ライカM3の写す絵はどこか「夢」のようである。

どんなに綺麗に写せても、そこに写されたものに何も感じるものがなくては良い写真とは言えない。
感じ取ったものを写し、見る人にそれを伝える。
ナカナカムズカシイ。
a0022153_1595139.jpg

↑ミノックスライカM3で撮った北びわこ号
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-03-14 02:00 | 日々のあれこれ日記

そ〜です、病気ですぅ!!

バトン!なんとご指名でバトンが回ってきたよ!!
バトン・・・初めてなんです・・・初めてでもいいですか?
という訳で早速やってみよ〜!
そのバトンは・・・
【Theじっくりデート企画☆バトン】
※「」の部分は指定されたデート相手の方の名前を入れて下さい

★デート相手⇒「田辺誠一」さん(だって田辺病だから)

1.まずどこで待ち合わせますか?
 え〜っと、どこにしようかな?そうだ「通天閣」のビリケン様の前。
2.遅れていく?早めにいく?
 早めに行って隠れておく。
 で、田辺さんが来たら「あ、待った?」と白々しく出て行く。
 どんな顔して来て、どんな顔して待ってるのか見たい!顔が見たい!
 (あ、やっぱり病気ですかね?)
3.もし「田辺さん」が胸元の開いた服を着ていたらどうする?
 生唾を飲み込む・・・
4.手を繋いだ瞬間に「田辺さん」が赤くなりました。貴方はこの先どうしますか?
 にっこり笑ってその繋いだ手をブンブン振り回す。
5.貴方はどんな服を着ていますか?
 着物、飯田紬の着物。
6.「田辺さん」はどんな格好ですか?
 着物、結城紬の着物。色は渋めの深緑。
7.ラブホの多い道を歩いています。
 さりげなく違う道に誘導する。
8.いきなり雨がふってきて、「田辺さん」は傘をさし中に入れてくれました。あなたも傘を持っています。使いますか?
 絶対に使いません!!
9.デート後、貴方は「田辺さん」の家にいくことになりました。
 え〜!そういうオチですか?
 で、寧々ちゃんに晩御飯でもご馳走になるのかい?
 で、「主人がお世話になりました。」とかなんとか言われて、
 心の中で「あ〜世話になりたかったよ。」って思うのかい?
10.最後にこのバトンをデート相手を指定して5人に回して下さい。
 うっわ〜!!どうしましょ?わたし、田辺病の人しか知りませんから!回しても「」さんは皆同じかもよ?!
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-03-04 03:43 | 誠一くん日記

こんなところで・・・

未練がましく?価格.comのDP1のクチコミを覗いていたら・・・
DP1で撮った作例を探しているというスレ主がtanave.comのfotoをリンクしていて
ここにもそのうちアップされないかな?みたいに書いていたよ!
う〜ん、こんな方面でも期待されてるのね。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-03-04 03:40 | 誠一くん日記

モノ〜その2〜 (早まったか!?)

「IZO」をなかなか見に行けなかったストレスから買い物に走ってしまい
(それならいっそ東京遠征した方が良いのでは?というご意見も頂いたが・・・)
購入したモノ。
「RICHO GR DIGITALⅡ」
a0022153_16585743.jpg


きっかけは、お姑さんの古稀の祝の席で義妹が見せてくれた同じくRICHOのGX8。
フランスに旅行に行ってきたと言って、その時の画像をカメラの液晶画面で見せてくれた。
それがとても良かった。
メトロや市場の様子、パン、フランス人・・・
義妹はカメラマンのバイトもしているので被写体を見る目や構図、設定の仕方もとても良かったのだと思う。

デジイチ(デジタル一眼レフの事をこう言うらしい)は普段持ちあるくには大きすぎて「あ☆」と思ったものをササっと撮るのには向いていない。
これをいつもカバンに入れて持っていたら「あ☆」をそこに納められるかもしれない、と自分の腕も顧みず思ってしまった。

で、帰ってきて色々調べてみると、
今コンデジ(コンパクトデジカメの事はこう言うらしい)買うならRICHO GX100(ズーム)かGRⅡ(単焦点)か、この二つのどちらかだろうという結論に達した。
うーんどっちにしようか?と迷ったのだが、
旦那に相談すると「お前、ズーム使うか?」と言われ、
「そうだ、オールインワンよりオンリ−ワンよね。(なんか違うかも?)」とGRⅡに決めた。

で、「使いこなせるかなぁ」と思いつつ、そのクオリティの高さに満足していたのだが・・・

今日、なんとあの!シグマから出ちゃったんです「SIGMA DP1」
あの!有効画素1406万画素のFOVEON X3ダイレクトイメージセンサー、
SD14と同じ撮像素子!コンデジなのにデジイチと同じ撮像素子!!
あぁ、あのあこがれの(特にわたし及びお仲間にとっては)FOVEON X3を手に入れるチャンスかも知れなかったのに・・・
と、ちょっとばかし後悔もしたのだけれど、
ようは自分の撮りたいもの、が撮れるカメラかどうかというところが重要であるわけで
(と、いってもそんなに大したものを撮るわけではないのだけれど)
その価値はそれを持つ人次第。
感性と腕を磨く事、それが大事!

と、最もな事を言いつつも姑息にGRⅡに出来てDP1に出来ない事を探してみた。
マクロ&スクエアフォーマット。
a0022153_23331248.jpg

いろいろ理屈をこねても、ようするにモノって自己満足。
あとは、満足出来る絵を撮れるかどうか、これが一番難しい。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-03-02 17:01 | 日々のあれこれ日記