日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

いのうえ歌舞伎☆號「IZO」  2008/2/17シアターBRAVA!

a0022153_2224716.jpg

以蔵が輝けば周りも光を放つ。

2回目の「IZO」
以蔵が際立てば立つほど、他の登場人物の輪郭もくっきりと現れてくる。
以蔵の悔しさ、憤り、哀しみが強く伝わると同時に
おみつの、武市半平太の、寅乃助の、思いや憂い、
竜馬の、源兵衛の、以蔵を思う気持ち、が
それぞれの台詞、表情、動きから確かに感じられて胸が熱くなってくる。
今もエンディングテーマの「声」を聞くと、それぞれのキャストの
楽しげな顔や悲痛な叫び、断末魔の声、哀しい表情が鮮やかに甦ってくる。

「天を見ずに山を見ちょれば良かった。」
一度目は、この以蔵の台詞、メッセージに抵抗を感じてしまった。
では、この時代の世の中を変えよう、とした人たちは愚かだったのか?と。
それは今のこの平和な時代だからこそ言える事であって、
現在に安穏としていては何も変わらないんじゃないのかと、そう思った。
だけど、この脚本は否定しているんじゃない、
自分の剣で世の中を変えようとした以蔵だから、
愚かに、一途に、天を信じた以蔵だからこそ、
「この先の世の中が光に満ちあふれますように。」と、そう思えたんじゃないか。
以蔵の人生は確かに哀しく切なかったけれど、決してそれを否定しているんじゃない、とそう思った。

そしてそれは武市半平太も同じだと思う。
田辺ファンだからどうしても武市半平太を特別視してしまうのかもしれないが、
以蔵と武市半平太は似ていると思う。
以蔵も半平太も自分の信じるものを一途に信じ抜き、夢破れ、
自分の去った後の世に希望を残して散って行った。
以蔵の不器用で頑なな生き方は、同時に武市半平太にも重なる。

田辺さんは「シアターガイド」のインタビューで
「武市は、以蔵を道具のように思っていたのか、大切に思っていたのか
どちらがより以蔵にとって切ないのか、」と語っていたけれど、
半平太が以蔵を見る眼はどんな時も偽りはないように思えた。
最初の頃の優しい眼、失態をしかる時の怒りの眼、蔑みの眼、
半平太が最も自分の気持ちをまっすぐにぶつけたのが以蔵ではないか、と思えるほど。
共に互いを見る眼はまっすぐな二人なのに、すれ違ってしまう思い、拾えない気持ちがより切なく感じられる。

最初、田辺さんの作り出す武市半平太像の「力強さ」が自分のイメージしていたものにかなり近かったので、それに惑わされて「IZO」の世界の
武市半平太の人間臭い「弱さ」や「脆さ」がちゃんと見えてなかったように思う。
それこそが田辺誠一の作りだす武市半平太の妙だったのに。

他にも下横目の井上佐一郎とか(←以蔵に差し出す握り飯は反則だ、もうあそこでやられてしまった。)
寅乃助さんとか好きな場面とかいろいろあるのだけれどすべては語り尽くせない。見ている間は余韻を許さない舞台だと思ったけれど、千秋楽も終わってしまった今は、
以蔵の台詞を借りるなら「すべてが夢のようで」そして、いつまでも余韻が残るような、そんな舞台だった。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-02-20 02:23 | 誠一くん日記

Happy! Valentine's Day!!

さて本日はValentine's Day
わが家のチョコレート「披露」
1.旦那へのチョコ
a0022153_2345246.jpg

決してケチっているわけではない。
彼はこれが大好き、去年は不二屋の不祥事(でもその不祥事が何だったかよく覚えていない)で買えなかった分、今年は二枚。

2.子供へのチョコ
a0022153_23465460.jpg

前々から気になっていたウォーリーウォンカの?ウォンカチョコ。
ちゃんと当たりもあるらしい。
でも・・・あまり美味しくなかった。

3.子供が初めて他人様からもらったチョコ
a0022153_234828100.jpg

良かったね〜。
お返しは手作りチョコケーキを要求されているらしい、なんで?!

4.・・・・・
a0022153_2350205.jpg

注:大きさは決して愛情に比例するものではない
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-02-14 23:51 | 日々のあれこれ日記

いのうえ歌舞伎☆號「IZO」  2008/2/11シアターBRAVA!

「『IZO』一回目観劇症候群」なんじゃないかと思う。

観ている間「もう少し、何かが欲しい」そう思えてしまうのは。

このお芝居のまっすぐ真ん中に以蔵がちゃんと据えられていて、
以蔵の哀しい性、それが時代の波と運命に弄ばれて行き着く末路と最後の光明、
それが「IZO」という話しなんだと確かに感じられるのだけど・・・

幕末の土佐、江戸、京都、激動の時代、
以蔵を中心に起こる数々の事件、めまぐるしく変わる場面、セット、
そしてその間に散りばめられる(みつの言葉を借りるなら)
「海に流れない川」のように終わってしまった人々の残して行ったもの、
発せられた台詞、に動かされた自分の気持ちの落とし場所が、見つからない。
沸き上がるいろんな思いを昇華しきれないうちに幕が降りてしまう。

以蔵を「切ない」と思い、あくまで他の登場人物達を
以蔵という人間を浮かび上がらせる要素だと感じられれば
素直に酔えるのかもしれないのだけれど、
脇が、それだけでは片付けられない個々の人生の悲哀を持っている。
しかしそうかと言ってそれを色濃く放つわけでもない。
うまくバランスが(あくまでわたしの中でだけれど)とれないもどかしさがあった。

だけど、幕が降りた後のカーテンコール。
次々に現れるキャストを見たらなぜかものすごく泣けて来てしまった。
以蔵だけじゃない、おみつも武市半平太も田中新兵衛も与一も井上も
みんな自分の人生を精一杯生きた、そう感じられたからだろうか?

しかし、まだまだ満足し切れない、何かわからないけれど、
まだ見逃したものが「IZO」にはあるような気がする。
次回(17日)は挑むような気持ちで観てみたい。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-02-13 01:08 | 誠一くん日記

通天閣、か〜くかく♪

自転車で約15分のところに28年間も住んでいながら一度も登った事がなかった「通天閣」
動物園前駅からジャンジャン横町を抜けて建物の前へ行くと・・・なんと20分待ち。
侮っていたっ!「通天閣」

やっと入場が許されエレベーターで展望台のある5階へ。
a0022153_31218.jpg

エレベーターの階を知らせる表示灯が通天閣の形になっていてカワイイ。
中が暗くなり天井にビリケン様が映し出される。
ちなみに右側と左側の天井絵は違っていてどちらもなかなか。

初めて見るビリケン様。
a0022153_313280.jpg

あ〜、こんな男の子同級生で居たな〜、そう!大内君。
ビリケン様の生みの親はアメリカの女流美術家で明治の末頃に世界的に大流行したらしい。
足の裏を触ると願い事が叶う、という事でみんなが触るのですっかりえぐれていた。
a0022153_321036.jpg


帰りはお約束の二度付け厳禁!新世界名物串カツっ!!旨いっ!!
a0022153_324337.jpg

極彩色の夜の新世界はお水のおねえさんの様に綺麗だ。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-02-08 03:03 | 日々のあれこれ日記