日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

武市先生!!2

天に飼われ、
天に捨てられ、
天に裁かれた犬。
その名は以蔵。
人斬り以蔵。

「IZO」のチラシに刷り込まれている文。

一行目、二行目の「天」とは武市半平太の事を指し、
三行目の「天」とは本来の「天」を指すのであろうと思う。
死の間際になってやっと半平太の呪縛から解き放たれ
「人・以蔵」になって天の裁きを受けた、
そんな意味だろうか?
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-11-21 00:58 | 誠一くん日記

武市先生!!

a0022153_4183633.jpg
a0022153_4185216.jpg

↑武市先生寓居後

行ってきました、武市先生が京都に滞在中住居にしていたという「金茶寮」!
と言っても、その場所に建つ「碑」を見て来た、というだけで
「金茶寮」の中に入ったわけではないが・・・
(「寓居」というのは仮住まいの事を言うらしい、知らんかった。)

来年の劇団新感線いのうえ歌舞伎「IZO」に田辺さんが武市半平太役で出演されるという事で興味を持ち、
とりあえず「Wikipedia」で見てみると、いろいろな逸話や関連した事件、史実等が載っていたのだけれど、どうもその人物像がうまく結べない。
なぜかと言うと「言説さわやかで人格も高潔にして誠実、武士道仁義を重んじていた。」という人柄の部分と、
数々の「暗殺」「天誅」「斬奸」を画策したというダークな部分が繋がらなかったから。

これはもうちょっと、詳しく書かれた本なぞ読んでみた方が良いかな、と思い
松岡 司著「武市半平太伝ー月と影とー」を図書館で借りて来て一応読んでみた。
なるほど武市半平太の生涯については本当に詳しく書かれていたが(特に1年半にわたる獄中闘争)その中身が、というかなんというか・・・
作者には失礼だが「あ〜、武市半平太ってこんな人だったのか!」という明確な人物像が感じられない。
そこでそう言えば司馬遼太郎「竜馬がゆく」にも前半の重要人物として武市半平太が出ていたはず、と思い出しそちらの方も借りてみた。

やはりというか、さすがというか司馬遼太郎。
どこまでが史実でどこからがフィクションなのかわからないけれど
やっぱり登場人物が生きている感じがする。
ここでの武市半平太は竜馬との関わりでしか登場しないけれど、
性格上の欠点や美点、思考の豊かさや限界などがきちんと描かれていて、
まっすぐすぎて実直なゆえに「成し遂げなければいけない!」という並々ならぬ強い思いが、
国元での吉田東洋暗殺や京都での天誅(実際に武市半平太自身が指揮した斬奸はそんなにも多くないらしいが)に繋がったのではないか、と思える事が出来た。

そして両書を通じて感じるのは、何よりこの人ほど「武士」という事にこだわった人も少ないのではないだろうか?という事。
武士の本来あるべき姿、というところから「尊王攘夷」を「藩」を持って実行すべし、という信念を曲げなかったのだろうし、
その壮絶な死に様はそれを最も証明すべきところであると思う。

しかし、わたしが武市半平太を少し学習し、自分の中でイメージが出来上がったとしてもそれが今度の「IZO」の武市半平太像に近い、という保証はない。
いや、むしろ全然違う確率の方が高いかもしれない。
(「演劇ぶっく」のインタビューの中で脚本の青木豪氏も「史実についてはかなり嘘ついてる」というような意味の事を言っていたし)
以蔵を「使われて使われて捨てられた」(同じく「演劇ぶっく」のいのうえ氏談)男と位置づけるなら
武市半平太は(以蔵を)「使って使ってポイ捨てした」男って事になるだろうから
良い奴であるはずがない!

もちろん良い奴でなくても全然構わない。
だけどね、私利私欲の為に「使った」んじゃない、この時代の志士と呼ばれる人たちの多くがそうであるように「この国」を「日本」を思って、憂いて、の事だったという事、その事だけはちゃんと描いてやってほしいなぁ、と・・・
だって今の世の中「お国の為に」とか「この国を良くしよう!」と強く思っている人ってあんまりいないでしょ?

そういう訳ですっかり武市贔屓になってしまってるわたしからのお願いです。
「IZO」見応えのある舞台にしてね。(って誰にお願い?)
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-11-20 04:24 | 誠一くん日記

モノ〜その1〜

ドラッグもまともに出来ないパソ初心者のくせに
分不相応なパソをあてがわれている旦那が、
作業しながらiTunesでBGMをかけるとパソコンのスピーカーから流れてくる音が
poorなのが気にいらないと、これまた分不相応な事を言い出すので、
価格.comで色々調べてみるとBOSEのM3というスピーカーの存在を知った。
それ自体は、BOSEのHPか直営店でしか購入する事が出来ないので
スレはたっていないのだが、その音に感動したユーザーが
別のBOSEのスピーカーのスレに感想を書いていた。

そんなに良いものなのか?
普通に売っているパソコン用のスピーカーとはどれくらい音が違うのか気になり、早速休みの日に心斎橋そごうのBOSEルームで聞いてみた。
専門的な知識は全くないので、上手く表現出来ないのだけれど
どの音もクリアに感じられてコンポと比べても遜色ないように聞こえた。

ただし、「M3」はかな〜り高い。
で、11月にその「M3」に改良を加えコストダウンし、
約1万円安い「M2」が発売されると知り、そちらを購入した。
「M2」は量販店でも発売されているので価格.comでもスレがたち
「M3」とはクオリティが違うとか、あまり違わないとかいろいろご意見があるようだ。
が、納品された「M2」で音楽を聞いてみると・・・
やっぱり「この大きさですごい!!」と素直に感動してしまう。
特に耳の高さに両スピーカーがくるように置くとその臨場感がなかなかのもの!
ボーカルが真正面から聞こえてくる。
手持ちのCDもどんどんiTunesに入れてサッとお気に入りの楽曲を聞く事が出来る。
もちろんiPodやCDプレーヤーや携帯、テレビ、イヤホンのジャックのあるものならなんでも繋ぐ事が出来る。
音楽も益々便利に、そしてパーソナルになって来たなぁ、と
改めて実感すると共に・・・これも旦那には分不相応な品物だ、とつくづく思う。

↓myパソとM2
a0022153_23285885.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-11-03 23:30 | 日々のあれこれ日記