日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「風林火山」 第三十六回「宿命の女」小山田殿の出番〜その1〜

・郡内 小山田の屋敷
北条との取り次ぎを小山田に頼みにやってきた勘助に
「めずらしいの、そなたが儂を訪ねてくるとは。この儂もそなたに尋ねたい事があった。」
いつもの二割増しでスカす小山田。
ここは郡内、領主様だから。
「お屋形様は、今川家より姫を迎えるご意向と聞くが、それはそなたの企みか。」
ズバリ!!
勘助、まさか、とばかりに笑いながら否定するが、
対する小山田もフン!と口を歪めて笑い
「まぁ、よい・・そなたの話しを聞こう。」
話しとはその事、今川家と新たな盟約を結ぶにあたり北条家に異論があってはいけない、という勘助に
「さもあろう。北条が異を唱えれば、後顧の憂いを断つ事にはならぬ。」
北条との取次ぎ役を小山田様にお願いしたいと言う勘助に
「ほぅ、それはお屋形様のお下知か?」と尋ね、
勘助が「然り」と答えるとハハハと笑い出し
「相変わらず、こそこそとお屋形様に取り入っておるか。」
呆れたように言う小山田に、自分はお屋形様の意を受けて動いているだけと嘯く勘助。
「そうかの。お家に背く事はないかの。」
きっぱりと否定する勘助にさらに
「この先、今川家と戦を構える事はないと申すか。もしあらば御曹司様を太郎様を裏切る事になろうぞ、そうなればたれが得をするかと思うたのじゃ、いや!誰が最も喜ぶかと思うたのじゃ。それは・・諏訪の・・」
たまらず、勘助が遮る。
さぐるような目で勘助を見ていた小山田だが急に「ククク」と笑い出し
「女子は恐い、そちの事を恐いと思うた事は一度もないが女子は恐ろしいのぉ、勘助。ことに子の為を思う女子は。そなたの事を儂は今ならば解せる。」
常に冷静に物事を判断する小山田は美瑠姫を側に置くことが
やがては自分の身を滅ぼす事になると察していたのではないでしょうか。


ここで小山田は家臣達を下がらせ、意外な事実を勘助に話し出す。
「勘助、そちは美瑠姫の事をどこまで存じておる。」
美瑠姫の事となると小山田の顔つきが変わる。
「志賀城でお見かけした美瑠姫様とはその昔、海ノ口城にて会うたのみ。」
と答える勘助。

幼い美瑠姫と若い勘助の回想シーン。
「その目は戦で?」とまっすぐな目で尋ねる美瑠姫に
「人を恨みすぎて見えぬようになりました。」と勘助。
微笑みながら「戯れ言を申すな。」と答えた美瑠姫、
こんなに邪気のない姫が、時を経て自らが恨みで目が見えなくなってしまうなんて!・・・チビ美瑠姫を出すのは反則です。

「何も存じてはおりません。」と言う勘助。
「美瑠は志賀城で捕らえた時、長らく子が出来ぬ身であった。しかし儂の側室となりすぐに子が出来た。」
ここまで言うと小山田は少し躊躇した後、立ち上がり
勘助に背を向けたまま話しを続ける。
「されど、産まれたは常よりも二月も早い・・・」
それを聞いて驚く勘助。
「わしも疑うた、いや今も疑いは晴れぬ。しかし儂はそうであっても美瑠を憎む気にはなれぬ。」
「儂の父はかつて武田に負けた。家を守るために武田に降った。そのおかげで儂は領地を次ぐ事ができた。美瑠のした事は・・・した事は・・・誠に天晴れ!」
負けた相手に身を許してまで笠原の血を遺そうとした美瑠姫は、武田の家臣になり下がってまでも領地を守った自分の父と同じではないかと。
「そうは、思わぬか。」と薄く微笑みながら振り返る小山田に
「なにゆえ、それがしにお明かしになられまするか。」と怪訝な勘助。
「おもしろいからじゃ。」とからかうような顔で言う小山田に
「おもしろい?」さらに腑に落ちない様子の勘助。
「実におもしろい、フっ、はははは。」笑いながら勘助の近くにしゃがみ、
「そちは、由衣姫さまをささえてやれ・・・武田の事よりも由衣姫さまの事を思うて生きておるそちが儂は・・・愚かで好きじゃ。」穏やかに語りかける。
「儂は、美瑠を好いておる。美瑠が安堵して眠る姿を見るのが何よりも好きじゃ。」遠い目をして呟いた後、
フフっ、と照れたように笑い「これほど、愚かな事はなかろう。」と戯けたような口調で勘助に言う。
ふっ、と沈んだ顔になり
「しかし、その子が病での。良くなればよいが・・・美瑠にとってはようやく、ようやく生まれた子じゃ、助けてやりたい。」
「殿!」と突然駆け込んでくる家臣。
「なんじゃ。」と横柄に応じる小山田。
「駒橋のお屋敷より火急の知らせにございます。」
「!」小山田の顔色が変わる。

第三十六話のノベライズを読んだ時に、この回のキモ、いや「小山田の最期」は勘助とのこの場面にかかっていると思っていました。
わたしの読解力、というか想像力が足りないだけかもしれませんが、
ノベでは淡々とした中に悲哀を滲ませる、というような感じの小山田でした。
しかし本放送の小山田は、なんというか・・・
今までの小山田が見せて来た全てを含んだような実に豊かな小山田であり、
そして何より美瑠への愛情に溢れているような感じを受けました。


以下に続く、

小山田ファンが集う「小山田クラブ」に入っています。
「小山田クラブ」の詳細は↓をクリックして下さい。

a0022153_2224114.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-09-14 02:25 | 誠一くん日記

風林火山 第三十六回「宿命の女」 小山田殿の出番〜その2〜

・郡内、駒橋の屋敷
医師が藤王丸の落命を告げる。
「嘘じゃ、藤王丸・・・目を覚ませ、母じゃ・・・目を開けるのじゃ!藤王丸、目を開けよ開けよ!」
最愛の子を失い嘆き悲しむ美瑠を哀れに思い抱き寄せる小山田。
藤王丸の亡骸に目を向けたその時、思わず湧いた自分の中にある安堵の気持ち。
助けてやりたい、そう願ったはずなのに・・・
どんなに覚悟をしていても藤王丸は滅ぼした敵将の忘れ形見、
しかも自分も家中のものも、その事に気づいている。
成長すればどのような災いを小山田家にもたらすかもしれない。
しかし、一方藤王丸は美瑠が仇である自分の元に身を置く「よすが」でもある。
あまりに重い藤王丸の存在が、命が、消えた時、
張りつめたものがプッツリ切れ、皮肉にも笑みがこぼれた・・・
「ふ、は・・・は・・・」
涙に濡れた瞳で小山田を見上げる美瑠。
その美瑠の中でも何かが弾けた。
「宿命を怨んではならぬ。強くいきるのじゃ。美瑠。儂はそなたの側から離れぬ。」
しかし、その言葉は美瑠には届かなかった。

ノベライズでは「心ならずもどこかしら安堵した微笑みが走り抜けた。」とありましたが
本放送の小山田の「笑み」は「微笑み」というよりは「泣き笑い」しかも声まであげて。
そうなったお陰で、この小山田の藤王丸の臨終の際の「笑い」はいかようにも解釈が出来、某ちゃんねるでもひとしきり話題になりました。
これは想像ですが、小山田の美瑠への思いや背負っていたものを考えると単純な「安堵の笑み」ではなかろう、とあのような演技・演出になったのではないかと思います。


・躑躅ヶ崎館
「小山田がっ、寝首をかかれたと?側室に寝首をかかれたと申すのかっ?!」驚きながら問いただす晴信に小山田家の嫡男小山田弥三郎は「はい」と答える。
その側室は志賀城主、笠原清繁の正室か?と問いただす諸角に
そうである事、そして父とその側女の間の子が亡くなり悲嘆にくれる側女の怨みが父に向けられた、と言う弥三郎。
寝所にうつぶせになり倒れている小山田。その下には血だまり。
目を見開いたままの・・・無垢な死に顔。

「して、その側女は?」と問う晴信。
一面の雪の庭の中、手に小山田を刺した短刀を持ちフラフラと歩く美瑠。
「父上・・・殿・・・藤王丸。仇は・・・討ちましたぞ。仇にこの身を任せたこのわたくしをお許し下され・・・仇敵を愛した・・・わたくしを・・・無慈悲な宿命よ!これで、これでお気に召されたかっ!」
喉を突き、絶命する美瑠。
その死に顔もまた、すべての呪縛から解き放たれたように無垢だった。

「わしは美瑠を好いておる。美瑠が安堵して眠る姿を見るのが何よりも好きじゃ・・・これほど愚かな事はなかろう。」
そう言って笑った小山田を勘助は思い出す。

弥三郎が家中に不吉な噂があり、
それは美瑠の生んだ子が父の子ではなく笠原の子ではないか、
というものだと告げると皆が驚き、敵の子を小山田がなぜ育てていたのか?
良き女だったからだ、油断したのだ、と口々に小山田の軽卒さを非難する。
「さにあらず!!」泣きながら遮る勘助に皆が驚く。
「さにあらず・・・小山田様は我が子のごとくそのお子をお育てになろうと思われていたのです。報われずとも、我が子がごときに育てようと・・・小山田様のご心中には何ひとつ、偽りなどござりませなんだ。」
「お館さま!小山田様のご心中何とぞお察し下され!何とぞ、お頼み申しまする。」
志賀城攻めでの自らの行いを思い起こし、瞑目する晴信。
「かような事が流布しては他国への聞こえが悪い。小山田は討ち死にとするのじゃ。」
弥三郎の心中を思い、ねぎらう信繁。
「弥三郎、よき跡取りとなれ。」と晴信が締めくくり、小山田家の安泰は保たれた。

約九ヶ月にわたって登場した小山田信有の最期に費やされた時間は約15分。
決して長いとは言えません。
特に美瑠姫の小山田に対する思いが視聴者にわかるのは最期の「仇敵を愛した。」という台詞のみ。
もう少し、美瑠姫も小山田を愛していたとわかるエピソードがあった方が良かったのでは?という気も見る前にはしていたのですが・・・
極論、小山田にとっては美瑠姫が自分を愛しているかどうかは問題ではなかったのではないでしょうか?
美瑠姫を愛する事で今まで感じたことのない喜びが芽生え、それで十分だったのではないかとわたしは思います。
これは由衣姫を思う勘助にも相通ずる、いわば「男の純情」、この手の話しにわたしは弱い。
そしてまた脚本の大森氏はきっと「愚かな」人間が大好きなのでしょう。
小山田の台詞にもあるように小山田も勘助も「愚か」です。
しかし、愚かだからこそ人間臭く、妙味もある。

「愚かな」小山田という男の死に様、十分に魅せてもらえたと思います。


小山田ファンが集う「小山田クラブ」に入っています。
「小山田クラブ」の詳細は↓をクリックして下さい。

a0022153_2224114.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-09-14 02:24 | 誠一くん日記

「風林火山」小山田殿の出番 「火の巻」の括り

第二十五回 「非情の掟」
小山田殿三度目の欠席。

第二十六回 「苦い勝利」
・躑躅ヶ崎館
志賀城攻めの軍議の席。
晴信が各人に指示を与える。
「信繁、飯富、小山田、諸角は城攻めに備えよ。」と言う晴信に「はっ。」と平伏する小山田殿。

・武田の本陣(稲荷山城)
志賀城総攻めを強行しようとする晴信に異論を唱える家臣達。
勘助も自分が使者になり降伏を促す、と申し出ますが「ならぬ!」とあくまでも強攻策を押し進めようとする晴信。
懸命に説得する勘助に「ひかえいっ!」と一喝する晴信。
凍り付く空気を破って小山田殿。
「お屋形さまの仰せのとおりにございましょう。敵は城を枕に討ち死にする覚悟にござりましょう。この上は戦わせてやってこそ武士の情けと存じまする。」と晴信の強攻策を指示します。
が、次の瞬間晴信は突然勘助に降伏を促すように言います。
「???え〜?」な表情の小山田殿。
打ち取った援軍の首三千を城の周りに並べよ、という晴信に再びその場は凍り付きます。

・焼け落ちる志賀城
「女子供は生け捕りにせよ〜〜。」となぜかノリノリの小山田殿。
次の間の障子の開け放つと炎の中からズルッズルッと美女が這い出て来て小山田殿の足をがっしと掴み、すがるような瞳で見上げます。
その瞳に釘付けの小山田殿。

・志賀城場外
小山田殿に連れられて先ほどの美女=笠原城主夫人がやってきます。
相木にその姫がかつての海ノ口城城主平賀源心の娘、美瑠姫であると教えられた勘助が近寄ってき、それを見とがめた小山田殿が「なんじゃ、勘助」と横柄に言い放ちます。
勘助の差し出した水を振り払う美瑠姫。「行くぞ」と促す小山田殿。

・躑躅ヶ崎館
勘助とすれ違う小山田殿。
「そなたは人買いには行かぬのか?」と勘助に問いかけます。
「あの美しい奥方は売らぬぞ。笠原の奥方はこの儂が恩賞としてお屋形さまより貰い受けた。」と絡む小山田殿。
勘助、迷惑そうに「小山田さま・・いかになさりまするか。」
「諏訪攻めにてそちがお屋形さまに勧めた事も同じであろう。それともお屋形さまには和子様が生まれ、この儂は寝首をかかれるとでも申すか。」
わっはっはっはっはっはぁ、あ〜っはっはっはっはぁ〜!!と高笑いの小山田殿。

第二十七話 「最強の敵」
・甲斐郡内 駒橋の屋敷
陽の差し込む寝所で眠る美瑠姫をじっと見つめる小山田殿。
目覚めて驚く美瑠姫に
「何もせぬ、しておらぬ。よう、眠っておったの。」
「そなた、子が出来なんだそうじゃの。それゆえ笠原殿は上州より養子や側室を迎え、そなたはさぞ肩身の狭い思いをしていたのではないか。」
と穏やかに語りかけます。
「武田の家臣ふぜいにさようなことをただされるいわれはない。いいようにあたしを弄べばよかろう。」とクールに言い放つ美瑠姫に
フフと微かに笑いながら「弄ばれたのは儂の方ではないか。儂にはわかるぞ、そなたは待っていた。かような事になるのを心の内では欲していたのじゃ。たれかが夫を打ち負かし城からそなたを連れ出す事を待ち望んでおった。それゆえ自害もせず、この儂に捕われた。」
小山田殿の妄想話しに目が点になっている美瑠姫にさらにとどめの一言。
「その目をみた時儂は一目でそなたに惚れたのじゃ。」
しかし美瑠姫はフンとばかりに
「わたしが生き残ったのは最後まで武田に一矢報いる機を待ち望んでいたからじゃ。」と気高く答えます。
「そなたはここで幸せになるのじゃ。」小山田殿、かまわず押しの一手。
「しばらくゆっくりと休むがよい。またここで会おう。」と一方的に再会を約束して去ってゆく小山田殿。
残された美瑠姫は自分のお腹に目をやりそっと手を置きます。

・躑躅ヶ崎館
村上にこちらから戦をしかけるという晴信に異論をとなえる信繁、甘利。
反して一挙に攻めるが良策と発言する馬場の隣でじっと前を向いたままの小山田殿。

・郡内 駒橋の屋敷
ひとつ布団に寝ている小山田殿と美瑠姫。
「まだ幸せにはなれぬか。」と問いかける小山田殿に
「いいえ、今は満ち足りておりまする。」と笑みを浮かべながら答える美瑠姫。
「今更だがなにゆえその気になった。」とほんとに今更な事を聞く小山田殿。
「あなた様に負けたのです。あなた様が見抜かれたとおりにございました。わたくしは夫を裏切ったのです。」
「生きる事は・・・裏切りではない。」
「いいえ、わたくしは己が大事、己の命を殺す事は出来ませなんだ。」
そう答える美瑠姫にやや怪訝な面持ちの小山田殿。

第二十八回「両雄死す」
上田原の戦い
・武田の本陣
座しているだけの小山田殿
・同じく武田本陣(夜)
甘利が寝返ったとの知らせに家臣達は動揺。
「万に一つもその様な事、思われん!」と言う諸角じいに
「万に一つも起こりえぬ事など・・・この世にはない。」と小山田殿。
この後、伝説の晴信の顔芸が・・・!

・明けてまたまた本陣
板垣、甘利の本心を知り、総攻めの下知を下す晴信。
「ハッ」と家臣一同(小山田殿含む)
壮絶な甘利の死の後、影武者を立てて敵をひきつけようとする板垣の真意を汲み取り
武田家臣軍団、いっせいに突撃!
小山田殿の「フンっ!」今となってはこれも伝説のかけ声です。

第二十九回「逆襲!武田軍」
・武田本陣
敗北のショックから立ち直れず、上田原から退陣しようとしない晴信に大井夫人からの手紙が届きます。
精魂尽き果てた感のある家臣団の中に小山田殿。

大井ヶ森、武田本陣。
諏訪での反乱に出陣した武田軍、
しばしこの地にとどまるという策に明らかに異論がある小山田殿、軍議の席で着席せずに
「お屋形さま、なにゆえすぐに諏訪へすすまれませぬか?」
晴信に促され策を語る勘助に
「何ゆえじゃ!何ゆえとどまる!!」とえらい剣幕でまくしたてます。
敵をあなどる為と言う勘助に「馬鹿なっ、あなどるは小笠原勢だけではないっ!」と。
駒井の寝返るものが後をたたない、という報告に
「見よっ!勘助。われらが到着する前に諏訪が降伏するぞ!」と再び勘助にくってかかります。
負けじと朗々と持論を述べる勘助に「軍師のみがまた息を吹き返しおったか。」と憎まれ口。
軍議の後、立ち去る小山田殿を追いかけて呼びかける勘助に「なんじゃ!」と邪見に応じた後、
武田軍の結束を呼びかける勘助に
「勘助、諏訪のご寮人さまがご息災か?」と先ほどとはまったく違う穏やかな口調で語りかけます。
とまどいながら「和子様ともどもご無事にござりまする。」と答える勘助に
「美瑠も和子を産んだぞ。志賀城にてとらえてもうすぐ一年じゃ。美瑠も喜んでおる。あれは良い女子じゃ。」遠い目で語った後
「子が産まれた祝いにこの戦は勝つぞ!勘助!」と力強く宣言した後、憂いの表情を浮かべながら去って行きます。

・諏訪上原城
先陣を申し出る諏訪満隣に向かって
「そなたらも敵に寝返るつもりではなかろうの?」と疑惑の目を向ける小山田殿。
諏訪勢を奮い立たせた諏訪明神の真言を書いた旗を感慨深く見上げる一団に小山田殿。

第三十話「天下への道」
・躑躅ヶ崎館
「人は城、人は石垣、・・・」と語る改心した?晴信を見つめる家臣団の中に小山田殿。
この回、これだけ。

第三十一話「裏切りの城」
・深志城
越後の脅威を口にする晴信に
「欲深き事明白にござりまする。」と知ったかぶりをする小山田殿。

・甲斐郡内駒橋の屋敷
縁側で腕組みし外を見ながら
「わが小山田一族は元より代々武田家に仕えてきたわけではない。時に争い、時に手を結んできたのじゃ。」と語る小山田殿。
「また、武田を争う事もありまするか?」と尋ねる美瑠姫に
「ないとは言えぬ。戦ってほしいか?」と
「いいえ、武田を恨む気持ちはあなたさまのお慈悲に抱かれて溶け去りました。」
「そなたが、儂を抱いたのじゃ。」
優しく微笑みかける小山田殿。
そこへ、侍女が藤王丸を連れて現れます。
怪訝な顔で藤王丸を見つめる小山田殿。
「いかがされました。ひさしぶりに会うた藤王丸を抱いてやってはくれませぬか?」
「あぁ、」と答える小山田殿ですが駆け寄る藤王丸に手を差し伸べる事が出来ずとまどいます。

第三十二話「越後潜入」
第三十三話「勘助捕わる」出番なし

第三十四回「真田の本懐」
・深志城
約一年ぶりに帰還した勘助に
「まことにしぶといの。それほどしぶといと、憎みきれぬわ、ハッハ。」ととても嬉しそうな小山田殿です。
勘助が話す長尾景虎の人となりを不思議そうに聞く小山田殿。
実物を見たならもっとびっくりしたでしょう。

第三十五回「姫の戦い」
・躑躅ヶ崎館
諏訪太鼓が鳴り響く宴の席
家臣団がなぜかテレパシーで武田家の跡継ぎ問題及びそれにともなう新しい側室問題を語っています。
(実際はその前後に例の居酒屋談義が行われたのでしょうが・・・)
四郎様の事を懸念する飯富と信繁の間に入り「その武田家と諏訪家の間に油川家が割り込まぬとも限りますまい。」と小山田殿、情報通です。
「馬鹿な、あれはただの側女ではないか。」と言う諸角じいに
「わかりませぬぞ、おなごは強い。ことに子を持つ女子は。子の為ならば何をしでかすか・・・」と意味深な、そして於琴姫がもう妊娠しているかのような口ぶり。
「子がいるのか?!」と家臣団に駒井がしらっと「おりますよ、腹に子が。」ちゃんちゃん。

第三十六回「宿命の女」
ああ〜ん。ま冷静に書けませ〜ん!!

小山田ファンが集う「小山田クラブ」に入っています。
「小山田クラブ」の詳細は↓をクリックして下さい。

a0022153_2224114.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-09-10 03:31 | 誠一くん日記

風林火山 第36回 

バッカやろぉぉおおおお〜〜〜!!
反則だよぉぉおおおおお〜〜!!

ラストショットが照れ隠しの笑顔だなんて・・・
「これほど愚かな事はなかろう。」
ここは憂いの表情でくると思ったのに・・・やられちゃったなぁ。
なんというか・・・もうあの小山田殿を思い浮かべただけでグっと来てしまう。
「安堵して眠る美瑠姫を見るのが好きじゃ。」
自害を遂げる前の美瑠姫のすさまじい形相と
その後の「恨み」から解き放たれた安らかな死に顔が対照的だった。
小山田が好きだった安らかな・・・その顔。

「小山田と美瑠姫」
哀しい結末ではあったけれど
二人の最後の表情を見て、恨みや疑惑と愛の間で揺れた二人が
すべてから解き放たれ最後に確かに結ばれた、のではないかと思えた。

途中退場するのなら華々しく戦で、と思った事もあったし、
こんな最後の迎え方に疑問を感じた事もあったけれど、
今日の回を見て・・・あ〜ん、もうじんわり来ちゃって書けないよ〜。
ともかく正月から約9ヶ月、
小山田さまぁ〜〜〜!ありがとうございましたぁああああ!!

小山田ファンが集う「小山田クラブ」に入っています。
「小山田クラブ」の詳細は↓をクリックして下さい。

a0022153_2224114.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-09-09 22:04 | 誠一くん日記

「肩ごしの恋人」 最終回

やっぱりもう一回きっぱり振られたね、柿崎さん。

原作通りの終わり方に持ち込みつつ、
各キャラが一歩前進したような感じに持っていったのは良かったと思う。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-09-08 04:18 | 誠一くん日記

風林火山 第35回

先週の、勘助が久々に甲斐に戻った軍議の席。
ズラリと顔を揃えた武田家家臣を見て「やっぱりこうでなくちゃ。」と
(小山田殿の皮肉も含めて)暖かく迎え入れられた勘助の気持ちにシンクロ。

だって、砥石崩れの時は飯富もいなけりゃ、諸角じぃもいない、
とどめに小山田殿もいない、そんな顔ぶれで武田晴信さん、
あんた本気で勝つ気があるの?!と突っ込みたくなるような
流行らない商店街なみの歯抜けぶり!!だったよ。

そんなまいふぇばりっと、な武田家臣団、今回も出番は少ないもののそれぞれの立場で晴信の側室問題を語っている場面が良かった。
何気に小山田殿の台詞は意味深だったけど・・・

とにかく今回は由衣姫にとことん振り回される勘助が面白くもあり、情けなくもあった回だった。
一緒に見ていた旦那の「こんな人(由衣姫)一人おったら難儀やなぁ・・・」というツッコミに笑った。
でも一番笑えたのは「儂は鬼になるやもしれぬ。」と大真面目な勘助に
「あ〜あ」的な伝兵衛、太吉、おくまの面々という図。
とどめに於琴姫の事なんてみ〜んな知ってるよ〜、って勘助益々道化者。
でも、怒り狂っている由衣姫より、三条夫人の妙に優しげな「勘助〜」という呼びかけの方がずっと恐かった。

それにしても火種の元の晴信は、なんだか余裕過ぎて・・・腹立つなぁ。
クドく時は自分と由衣姫にしか理解しあえない事がある、みたいな上手い事言ってたのに
「心が休まらない」はないだろう。
だから口が上手い奴には気をつけないといけない。

この回は、コミカルな味付けだったけれど来週は否応なく悲劇・・・
しかも小山田殿が・・・
NHKもYahooもネタばれし過ぎだよっ、その画像!

小山田ファンが集う「小山田クラブ」に入っています。
「小山田クラブ」の詳細は↓をクリックして下さい。

a0022153_2224114.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-09-03 01:54 | 誠一くん日記