日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「ホテリアー」  第6話

「その点上田マネージャーはさすがだ。」
うんうん、わたしもずっとそう思っていた。
ほんとにいい人だし、自分なりの考えをしっかり持っているし可愛いし。
おまけにエレクトーンも演奏出来るしね。

緒方総支配人の自分が辞めるかわりに、という考えはいかがなものだろうか?
それでは、緒方が帰ってきた意味がまるでないし「甘い」と言われても仕方がないように思える。
でも、杏子を励まそうとさそったバッティングセンターでも彼女の頭の中は水沢でいっぱい、というのはちと可哀想。
これで「三角関係」が成り立つのか?

今回、一番良かったのは村上(←この名前もわざと?)夫妻の30年ぶりの結婚式。
何よりゴリさん夫妻が明るくて涙がなかったのが良かった。
小山田殿が甘利殿の胸に花を挿す、の図もあったし。
神父役?の総支配人の声も良かったし←萌えポインツ♪

水沢、杏子、兄妹説は予想していたのだけど、こんなに早くネタばれになるというのは、
「実は違いました。」ってオチじゃないかな?と思っていたら案の定。
初回にほんとの両親じゃなかった、って言ってたよね?

公式の予告動画を見ると、来週の人質事件も見せ所は水沢に持ってかれそうな感じだし、ムムムムムムム・・・
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-05-25 00:21 | 誠一くん日記

「風林火山」  第20話

ああ〜、、、あんあん!!
冒頭の軍議のシーンで台詞がふた〜つあったはずなのに・・・小山田殿。
カットされてるよ・・・
ん〜、これ以上いい人イメージが付くのを避けたのか・・・

本編は戦もあり、村上義清の顔見せ、真田久々の登場等々、
なかなか盛りだくさんで見応えのある回だったと思うのだが、
小山田カットショックでしっかり見れなかったよ。
サニー@板垣も出てなかったし・・・
別に毎回居酒屋談義をしろとは言わないが、好きなんだぁ〜!!武田家臣団。

来週は、内野@勘助が気合い入れてた「消えた姫」の回。
しかし小山田殿は出ないんだよなぁ。
どーも最近勘助から気持ちが離れていってるような気がする。
三条殿がお気に入りなので気持ちが同調しているからなのか?

再来週の小山田殿の見せ所まで気持ちを繋ぎたい、
っていう程つまらないドラマじゃない、十分見応えがあるのだけど
毎回面白いのでもう当たり前になって来てて「おぉ!」と思えないと満足できなくなってるのかも?
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-05-21 00:27 | 誠一くん日記

「ホテリアー」 第5話

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!! あまりに甘利━━━━━!!!!
と予告を見て何人の人が思っただろう・・・
HPによると7話にはガオレッドこと金子昇も出るみたい(多分あの役だろう)
甘利、もといゴリさんの役は原作にはなかったので杏子と水沢の出生の秘密に絡む役だと思われる。
こんな感じで各回ゲストが出てなにかしらホテルで事件が起こる構成の方が、
話しがどっぷり恋愛と買収劇だけというより見やすいと思う。

しかし緒方総支配人は本日も「忍耐」の人だったなぁ。
「受けてたちます。」って何か策があっての宣言だったのだろうか?
立場が違いすぎて勝負にならないのでは?といらぬ心配をしていまうが・・・頑張ってね。

前回、杏子が思わぬ一面を晒した水沢にググッと惹かれてしまったというのは多少強引とはいえわからぬでもないが、
「冗談ですよ。」と言われたにもかかわらず(それはまんざら冗談でもないとは言え)
アメリカについていこうかどうしようか悩んでしまう杏子というのはどうだろう?
カラオケボックスでの杏子にはどうにも共感出来ない。
あかねの方が可哀想だったな、緒方にも引き止めてもらえなかったし。
引き止めてあげられなくて辛そうな緒方も良かったけれど。

とりあえず来週も緒方の眉間の皺を・・・いやいや活躍を期待したい。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-05-18 01:27 | 誠一くん日記

「風林火山」  第19話

口ウマっ!!晴信。
先週、小山田殿に「知略の見せ所」と言われて、
ず〜っと考えてたわけじゃあるまいが・・・
「国と国との結びつき」と諏訪の姫としての由衣姫の政治的な立場を解き、
「まことにひとりか?」と自らの君主としての孤独感を吐露し、
「そなたとなら定めも分ち合えよう」と他者には立ち入る事の出来ない二人の結びつきを示唆する。
わたしが由衣姫だったらまずこんなに口がウマい人は信用しないな。

さて近頃の小山田殿。
十七話こそまともな意見を述べられていたが二週続きの女ネタ。
この前フリにはどういうオチが用意されているのやら。
某ネタバレスレによると小山田贔屓にはたまらないネタが落とされているのだが、
まだまだ断片的で組み合わせによっていろんなカタチが出来る。
またそこがたまらないんだけど。
やっぱり「火の巻」は発売されても恐くて見れないなぁ。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-05-16 00:03 | 誠一くん日記

「ホテリアー」  第4話

あぁ〜!予想通り迷子の子供を見つけて説得するお手柄は水沢に持ってかれっちゃったよ!
少し前の女性週刊誌に4話のこのエピソードが杏子の心が水沢に傾くきっかけとなる、とあったのでもしや?!と思っていたのだが・・・
オリジナルのここでの総支配人は好きだったんだけどなぁ。
まぁ、原作の父親探しのエピソードが省かれているので、彼の心の底にある孤独に
杏子が惹かれる、というところを描くにはもってこいのシチュエーションだったから仕方ないか。
今回これなしで終わっちゃったら水沢氏はただのヒステリックな男になってしまうし・・・

というわけで、今回も一歩か一歩半くらい水沢に譲った感じの緒方総支配人であるが、
どんな人でもホテルにいる時は大事なお客様、というホテルマンとしての信念を通したのと、ほっぺに傷付けられたのがかっくいかった(今週のポイント)ので良しとします。

おっと忘れてた!ラストあかねにコクられて?????な感じの顔もポイント♪

忘れてたパート2:杏子と先輩のケンカ、これはテンポよくて台詞も笑えたしイヤリングの見つかり方もオリジナルより良かった!
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-05-10 23:07 | 誠一くん日記

「ホテリアー」 第3話

ホテルの小さなテレビで見た「ホテリアー」第3回。
あちらこちらで言われているように第2回ほど緒方総支配人の活躍というか見せ場はなく、やや水沢圭吾にシフトした感じ。
前回300本のバラを送られてとまどいつつも、まんざらでもない様子の杏子だったが・・・
雨の中、自分のなくしたペンダントを一生懸命探してくれてる彼の真摯な姿&「愛しています」(+抱きしめ)攻撃にもうちょっとで陥落か?というところへ水沢の正体が明らかになる!

一方、われらが緒方総支配人は・・・副総支配人に弱みを握られてピンチ!かと思いきやあっさり回避。
そもそも、事実関係を確かめもしないで社長に告げ口する副総支配人って間抜けなんだけど、
この人は間抜けである事に存在意義があるような人だから。
来週も何かトラブルを起こしてくれそうだし、かえって間抜けぶりが楽しみ。

サプライズ歓迎パーティを開いてもらうも(ここでクラッカーにびっくりしている総支配人というのが今週一番のポイント、やっぱりポイントは厨房にあり。)
杏子が水沢と一緒でここに顔を出してないというのでがっかり、というかあの心ここにあらず状態の時、彼は何を考えていたのだろう?
翌日、引っ越し途中(韓国時代より荷物が少なくなってる?!)ビショビショのあかねを拾って帰る。
片や、雨の中で杏子と水沢が危ない展開になってる時に。

それがきっかけであかねを(バイトで)雇うわけだが、一方でそれを利用してドラ息子くんに真面目に仕事をさせようとする、ここが二番目のポイント、やっぱり働く総支配人がいいなぁ。

来週は「身をひくのも愛情じゃありませんか?」とちょっと小山田殿が入った目線を水沢に向けていたが・・・事件は多そうだが、さてポイントはいかほどだろうか?
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-05-08 03:57 | 誠一くん日記

GWが終わって・・・

いつものお布団で寝れる安心感と、
非日常から日常へと戻ってきた事へのなんとも言えない脱力感と、
山のような洗濯物、に囲まれて風邪をひいた・・・

新潟旅行は忙しすぎて見なかったもの、食べれなかったもの、が
たくさんあるような気がする。
一番の心残りは、謙信グッズにお目にかかれなかった事。
「毘」マークのTシャツとかがあったら買って帰って夏のユニフォームにしようと思ってたのに・・・
それが阻止されたのは、やはり小山田殿の怨念か?!

というわけで来年もGWは新潟かな。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-05-07 03:56 | 日々のあれこれ日記

GW新潟旅行記 二日目

二日目最初のポイントは咲花の駅、やはり今の季節でも十分に絵になり駅で停車するのでゆっくり撮れるという事でここで撮る事にした。
a0022153_1273148.jpg

二本目は、雪のかぶる山々をバックに、という事だったが先客が多すぎて最後まで立ち位置を決められずリタイア。
三本目は、赤い鉄橋から山肌を縫って手前に走ってくる磐越物語号でいろんな撮り方が出来るポイント。
そして四本目は因縁の?小山田踏切。
三本目撮った汽車を車で追い越さないと間に合わないから諦めようという家人の意見を無視し自分でハンドルをにぎり小山田殿もとい小山田踏切へ。
どうだ!間に合っただろう、あとは夕日がうまく汽車を照らしてくれるのを願いつつ・・・
あぁ、なのに失敗しちゃった。
気合い入ってた割にツメが甘かった。
ま、男どもはまずまず成功したみたいだし、いっか。
また、来年の楽しみにとっておこう。

ホテルへ帰る途中、昨日「柊」さんを教えてくれたKさんと感動のご対面。
まさか会える時が来るとは思ってなかった。ほんとに縁は奇なもの、味なもの。
過去、こんな風にして何人のネットが結びつけてくれた人たちと出会った事だろう。
血の通ってない味気ないような世界だけれど、その向こうには確かに人間が存在しているんだな、って改めて思う。

名残り惜しいけれど明日午前中の一本を撮ったら新潟とはしばらくさようなら。
今度はもう少し腕を上げてくるから待っててね>小山田踏切くん。
a0022153_1274477.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-05-05 01:16 | 日々のあれこれ日記

GW新潟旅行記 一日目

昨年、一昨年と2年続けてGWの撮鉄旅行は山口号だったが、
今年は越後(と聞くだけでちょっと血が騒いだりして)の磐越物語号を撮りに新潟へ。
どうせなら夜に出発してゆっくり行こう、という事で車で約10時間かけて新潟までやって来た。
最初の撮影ポイントは、咲花の短いトンネルを抜けたところ。
a0022153_0392130.jpg

近くの咲花駅は桜のシーズンの定番ポイントらしいが桜が散った今でも十分絵になるような気がする。
山口もそうだったが新潟も風光明媚で特に山の姿が関西の山と違って厳しくていい。
2本目は、夕景ねらいで夕日に照らし出されたSLを撮ろう、という事でポイントを探していると・・・
見つけたポイントが「小山田踏切」!
勝手に運命を感じ、いい写真が撮れるような気がしていた。
・・・のに・・・なんと会津若松に近い塩川という辺りで山火事があって運行がストップしている、って!!
(教えてくれた鉄っちゃんさんありがとう!聞いてなきゃ待ちぼうけだったと思う。)
う〜ん、わたしの小山田殿への思いが燃えるほどに熱すぎたのか?てなわけないけど。
あきらめて宿へ帰り旅のお楽しみのご当地晩ご飯。
「タビリエ」でここ、と決めたお店へ電話してみたら・・・今日は魚河岸が休みでお店もお休み!
う〜ん、一度ならず二度までも・・・
急遽、懐かしいネット仲間の新潟在住のKさまに連絡を取りおすすめのお店を教えてもらう。
新潟駅前の「柊」というお店でお造りをはじめ魚が美味しいし、
こちらでは南蛮エビという甘エビのしんじょがアジが濃くてふわっとしていて絶品だった。さすが新潟。
それと少しびっくりしたのは新潟駅前の賑やかな事。
店も多いが人も多い。活気があふれているような気がする。

美味しいものを食べて「ホテリアー」見て、さぁ、また明日。
とりあえず、明日はリベンジで再び小山田踏切で待つ!
a0022153_0395097.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-05-04 00:23 | 日々のあれこれ日記