日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

風林火山 第12回

冒頭、晴信の「御旗、楯無御照覧あれ」という誓いの言葉?
そう言えば大河ドラマ「武田信玄」で聞いたフレーズだと懐かしく思う。
オープニングテーマの後、荒寺に住む勘助を青木大膳が訪れる。
そうそう、わたしが好きだった映画「風林火山」は確かここから始まる。
映画の方では「青木を騙し(なんで簡単に?)板垣を襲って勘助が助け、青木を切り捨てる。」
という単純な策が見事に功を奏し、勘助はすっかり板垣に気に入られる・・・
のだが今回はここまでに二人(+晴信)の間にはかなりの紆余曲折があり複雑である。
しかし、ここで勘助に武田に仕官する為の道具のように切り捨てられてしまう青木大膳。
どうしようもない奴のようではあるのだが、なぜか哀れである。

こうして板垣や晴信の気性を読んで捨て身の作戦に出た勘助は見事武田家に仕官がかない、破格の待遇で召し抱えられるのだが、当然家臣達は驚き不満を隠せない。
ここでの家臣達の反応が人それぞれで面白い。
勘助の事を知っている板垣は複雑であり心配でもある。
真面目な弟くん信繁は築いた城、合戦の経験等しごくまともな質問を勘助にぶつけてくる。
正直に答える勘助にチャチャを入れつつ「お前の事は知ってるんだよ。」とかます小山田。
話しにならん!と甘利。
試してみてからでも遅くない、とこれまた真面目な意見を述べる飯富。
晴信の助け舟に感動しつつ武田家での初の試練を乗り切った勘助だが
まだまだこれは序の口で・・・と次回につづく。

で、今回の小山田殿。
「女子であれば殊勝なこころがけじゃ。」ってそんなに嬉しそうな顔をしてそんなネタ・・・
でもでも手元にあるノベライズ「林の巻」でも小山田殿は意外にその手の話し担当?なのである。
これってどういうフリ?頭が切れるのでそういうユーモアのセンスもあるって事なんだろか?
ほんとに不思議なキャラだ。
そんな小山田殿にこれから女子が絡む事ってあるのだろうか?
ステラのHPの若泉Pのお話によるとまだ発表されていない女性陣の登場も数あるという事だが、
どうかひとつ、小山田殿にも!お願いいたしまする!
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-03-28 02:35 | 誠一くん日記

「風林火山」第11回

濃い!今回もエスプレッソ。
「信虎追放」という武田家のクーデターにかかわる人たちの思いがくまなく描かれていたように思う。
晴信、信繁兄弟、武田家の家臣、大井夫人、三条夫人。
今川家、ミツの兄、そして勘助。

まず、どうするの?どうなるの?的な前回のラストから続く冒頭武田家謀議シーン。
信繁がその胸中を吐露し兄の想いに応え、家臣を含め武田家がひとつになる。
「甲斐は変わるのじゃなぁ。」という甘利の言葉が印象的。

今川家での信虎、あの連歌は・・・皮肉?!
後半は追われてしまった信虎の孤独と息子への複雑な想いが哀れだった。

その信虎を国境から駿河まで連れ戻す役目を仰せつかった勘助、
信虎への怨みを捨てる事が出来るのか?というところも見所のひとつだったはずなのだが、
勘助のミツへの想い、と信虎の哀しみを天秤にかけるとどうしても信虎の方が重くなってしまう。
だからこそ(信虎風に言うと「な〜れ〜ばこそ」)勘助は怨みを捨てて晴信を選ぶ事になるのかもしれないが、
ちょっとミツの回想シーンが盛り上がらなかった感あり。

さて今週の小山田殿。一言で言えば・・・や〜ん♪カッコいい。
でも「さて・・・」って刀持って立ち上がってその先どうするつもりだったんだろう?
ちょっと苦言を呈するなら一同泣いてる感動シーンで嬉しそうに頷きすぎ!なんか可愛いぞ〜!あんなにクールだったのに・・・
でもでも、信繁の「家臣とてそれは承知しておりましょう。」の後の伏せ目表情は今日一番の萌えポインツ。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-03-19 02:08 | 誠一くん日記

初めての韓流体験

「韓流ドラマをリメイク」と聞いた時「え?今更?」と思いながらも
同じ題材を日本で扱ったらどうなるんだろう?という興味も沸いた。
「韓流ドラマ」自体よりも、なぜそれがブームになったのか?という事が気になっていた。
気になりつつも「じゃあ、見て検証しようか!」というところには至らなかったわけだが・・・

がっ!そのリメイクにせいいちくんが出る!という事なら話しは別。
早速、レンタルして一気に見た「ホテリアー」。おぉ!なかなか面白い。
話しによれば(主に検索結果)これは韓流でも彼女(あるいは彼)が不治の病になったり記憶喪失になったりといったご都合的なものがないお話で比較的韓流初心者向け?なのかもしれない。

物語(舞台)は韓国の一流ホテル。
社長が急死し経営の行き詰まるこのホテルを、社長のライバルだったいかにも悪そうなハンガン流通(ってどんな会社?)の会長キムが狙う。
ホテルを救うために3年前にある事件によってホテルを辞め、今はラスベガスにいる元恋人の元副総支配人テジュンを連れ戻しにラスベガスへ赴く美人マネージャーのジニョン。
その旅先で偶然に知り合うM&A専門家のドンヒュク(これがヨン様)
キム会長の娘でありながら父に反発しホテルで働くユンヒ。
テジュン、ジニョン、ドンヒュク、ユンヒ(最初は名前に慣れなくて誰が誰なのかさっぱりわからなかった!)の4角関係+ホテルの買収劇+味付けにホテルで起こるさまざまな事件と人間模様。
特に新しい試みやこんな手法があったのか!と思わせるようなお話ではないけれど
飽きずに見れて適度に切なく(わかってても)ハラハラする、むしろ王道と言える展開。

で、このお話をリメイクするにあたって勝手な心配事が数点。
1、主人公をジニョンにし、その年齢を大幅に下げた事によりテジュンと元恋人同士という関係がなくなり、そこから生じる切なさが失せてしまう。
2、冒頭、物語はラスベガスから始まるが日本版は海外ロケをするのか?出来るのか?
3、全20回の話しが半分程度の10回でおさまるのか?
4、後半のホテル買収劇の解決の仕方が多分日本では無理だろう。

1、についてはどうやら主人公(上戸彩)に出生の秘密があり、それを知って自暴自棄になっていた時に副総支配人(せいいちくん)に助けられた、という設定にすり替わるらしい。
それでどこまで切なさ感が出せるか疑問だけれど(特に男から女への)
2、については韓国ロケになる模様。なるほど!これなら韓流ドラマへの敬意も示せるし、ひょっとして道ですれ違う人とかにスペシャルゲストが出るかもしれない!そうなったら掴みはOKだ!頑張って交渉して下さい。
3、については後半はカットしてもいいかもしれない場面も多いのでここは脚本家の腕次第。
4、についてもそれに変わる解決法をどうか見つけ出して下さい>脚本家の方々(3人交代らしい)

ブログ検索によくひっかかってくるのは韓流ドラマ(特にヨン様)好きの方々の
「わたしは見ません。」というありがたくない宣言。
しかし、わたしは見たい!日本流でリメイクするとどうなるのか?
公式HPのキャストを見るかぎり、期待は出来そうだ!
どうか!「やっぱりね〜。」みたいな事にはならないようにテレビ朝日さん、よろしくお願いします!!
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-03-15 04:13 | 誠一くん日記

「風林火山」第10回

勘助が初めて軍師としての才能を発揮すると同時に晴信の優れた武将ぶりを描いた第8回「奇襲!海の口」と
由衣姫が初登場し晴信が板垣に謀反の決意を吐露した第9回「勘助討たれる」もおもしろかったが、
今回第10回「晴信謀反」はまた格別だった。

信濃攻めから凱旋したの信虎を囲む重臣達のそれぞれの表情が良かった。
なまじ信虎から「軍師に・・・」と言われてしまったゴリさん@甘利は終始一点を見つめ、
飯富は、内心ヒヤヒヤしながら今川から書状が来たと信虎に告げる。
何がひっかかったのかその書状について飯富に訪ねる信繁(この訪ね方が実に落ち着いていて賢さを伺わせる)
その信繁を見て何かに気付く小山田。
そんな家臣達の胸中にも気付かずにご機嫌でクルミをコリコリ信虎。

さて追放される事となった信虎を迎える役を仰せつかる事となった勘助。
怨みを捨てきれるのか?
そしてバ〜ンと戸を開け放って密談の場に押し入った小山田はどうでるのか?
結果を知ってるのに「え〜!ここで終わり〜〜?!」と言う言葉が口をついて出てしまった。
ほんとうまいなぁ。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2007-03-15 03:25 | 誠一くん日記