日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「キック・ザ・カンクロー」から届きやがったよ!

来た来た、やっと来た!!
「キック・ザ・カンクロー」サイン入りクリアファイル♪
もう、オンエアされてから3週間位経つのでちょっと諦めかけてた。
(でも、もし届かなかったら催促メール送ってたと思うけど)
ちゃんとせいいちくんのサインもある〜♪なんか初めて手にしたレアもの?
せいいちくん、ちゃんとバランス考えて書かないと!!
カヲルさんこと皆川さんのサインがすまなさそ〜に激小さくなっちゃってるよ(爆)

とりあえず、この嬉しさで「七人の恋人」観劇までのこゝろの隙間を埋めよう!
a0022153_9242447.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-10-31 23:15 | 誠一くん日記

大奥〜華の乱〜第3話〜

を、「イン・ザ・プール」のDVDを家族で見た後、見た。
一緒に見ていた旦那が染子に手を出す上さまを見て、
「あれは、(「イン・ザ・プール」の中の)オダジョーの病気(継続性○○症)と同じ病気やで。伊良部先生に見てもうた方がええ。」とのたまうので
「はい、いらっしゃい。」という伊良部(松尾スズキ)の前に座る
谷ショー上さまを想像してしまい、可笑しくて可笑しくて。
先週までは泣ける大奥だったのに・・・
予想通り、成住さまは回想シーンのみの登場だったな。
上さまが伊良部総合病院を訪ねる事はないだろうけどとりあえず来週も見よう。

で、「イン・ザ・プール」ひとつ疑問点が・・・
副音声(監督と松尾スズキ)で聞いていたら最後の大森(せいいちくん)のダイビングのシーン。
スーツで飛び込むのはせいいちくんのアイデア云々という監督のお話しの後、
松尾氏が飛び込み台に立つ大森を見て「うわ〜高いなぁ!いやだな〜あそこに立つの。」
で、監督が「すごかったですよ。あの高さから一発で決めるっていうのは。」
松尾氏、飛び込み映像を見ながら「きれーだなー」
え?あれってスタントじゃなかったの?
でも監督もはっきりせいいちくんが飛び込んだとも言わない。
真後ろからのショットは他人だと思うのだけど正面からのはそうかも?とも思う。
飛び込んだ後の水中遊泳?はあきらかにせいいちくん。
(これを撮影する為にカメラマンさんはダイビングの講習に行かれたそうで)
エンディングロールにはカースタントの人の名前はあるけどその他のスタントの人の名前はない。
ん〜、真相はどうなんだろ?もし本人だったら「イン・ザ・プール」の付加価値が(ファン的には)上がるかも?
[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-10-27 23:04 | 誠一くん日記

大奥〜華の乱〜第2話


「成住さまぁぁぁ!!」と安子になりきって叫ばしてくれるのか?!と期待していた第2回なんだけれど
「成住さまぁぁ!」くらいかな?
フォントサイズがひとつ小さくなったその理由は、
1、成住という人物が優しく思いやりはあるけれど強さに欠ける人だった、というのと
2、成住の最後の台詞が、そんなに説明しなくても・・・と思えるものだったから。

1、についてはわかる、成住が迷う気持ちもわかる、わかるんだけどなぁ。
安子に刃を突き立てる事が結局出来なかった理由がもしかしたら上様のお世継ぎになるかもしれない子を宿したからなのか?新しい命を宿した安子だからなのか?
その辺、明確にしてくれた方がすっきりしたかもしれない。
それと心中を決行しようとして捕まってしまうまでがやけに駆け足のような気がした。
もう少しここをじっくりやってくれた方が盛り上がったのに・・・
どうしても安子を殺せない成住の表情、与兵衛さんを思い出した。

2、は「人に指図される側ではなくて指図する側になれ!」というのはいらなかったと・・・「力を持て」「そなたとそなたの子を守り抜け」だけでも充分だったと思う。

だけど、前半の上様に謁見し新しいお勤めや妻について聞かれているところや
その上様のいらぬ計らいによって女相撲の宴で同席する場面、その後二人の再会シーンなんかは良かったなぁ。

フォントサイズが小さくなったわりには、結構ジーンと来たのも確か。

しかし、成住がその後どうなったのか明確にされていないところを見ると
後半、ひょっこり?!出てきたりするのだろうか?

お伝の方や正室の信子様がどうなるのか?・・・とかはやっぱりあまり興味がないわたしはやはり「大奥」視聴者として失格か?
[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-10-21 08:36 | 誠一くん日記

大奥〜華の乱〜第1話〜

え〜♪いや〜ん♪どうしましょ♪ひっさびさの男前な役じゃん♪
「悪ボス」とか(いやこれも大好きなんだけど)
「おとぼけ」とか(これも味があるけど)
「天然」とか(まぁ、これは多分『地』)
と、さまざまあったのだけど相思相愛、悲恋、というシチュエーションは「リング0」以来だろうか?
それに「時代劇」「武士」というテイストが加わって更に美味しさ倍増!
「時代劇」というのは制約があるように見えて実はなんでもあり(by京極夏彦氏)なもんで、主人公の安子(内山理名)と夫(せいいちくん)の間にありえない引き裂かれ状態が展開されて、心地よいハラハラ感。
月刊TVナビの人物相関図の綱吉の紹介に「心根は優しい」とあったが、そんな事で許される所行かいっ!!と思わず突っ込みを入れずにはおられなかったけど。

次回は二人の間にさらなる悲劇が待ち受けているようで来週が待ち遠しい。

実は「大奥」に出演かも?という噂を聞いた時、正直良い気がしなかった。
というのは、過去チラリチラリと見ていた「大奥」における男が損な役割を引き受けているように思えたので。
(あと、主要キャストからはずれた役だったのもイマイチと思った理由のひとつ)
しかし予告編で写った表情を見て「お、これは久々『来る』かも?」と感じて逆に非常に楽しみになった。

今回はこのまま伝統的な男前ぶりに酔わせていただきましょう。

にしても綱吉の谷原章介はエラい嵌ってる。
ぼよーんとしたボンボンぶり、無表情にひそむ無邪気な残酷さ、ぴったり!
ヘタに孤独感とかは出さずにこのままいってほしいような気がする。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-10-14 16:45 | 誠一くん日記

WOWOW〜アウトリミット〜

ん〜ん〜ん〜、っとこれは何を楽しんだら良いドラマなんだろう?
番宣を見た感じではもっとスピーディな感じで飽きさせない展開なのか?と思っていたのだが2時間がやたら長く感じられた。
しかし、それもあたり前なのかもしれない。
物語の発端となる事件が発生したのが午後3時前、それから夜までの出来事を2時間かけてやるわけだから。
見てる方を飽きさせない為には、ディスクをめぐって井川(岸谷五郎)&たいせー(萩原聖人):ヤクザ:警察+謎の少女のそれぞれの内容を濃くしてもらわないと・・・
井川刑事&たいせーのドタバタぶりを笑わせたいのかハラハラさせたいのか良くわかないし(多分、井川刑事が変装でチビTを着ている場面等は「笑い」なんだろうがちっともおかしくなかったのはなぜだろう?)バイオレンスを楽しむにしてはアクションシーンもハッと思わせるものもない。
どんでんの返し方はありきたりだし、最後の意味のない意味深ぶりは何だろう?

救いはおセンチ感のないところか?と思いきや途中からセンチまくり。

ラスト(おおラスじゃなくて)どんでん返しに来る田村刑事(せいいちくん)、もう最初からあんたが怪しいってわかり過ぎですっ!!動機も薄いし、最後はあっけないし。
でも最後の「井川・・・」ってすがるような表情が良かったけど。
ストーリーにもうひと捻りかふた捻り、ほしかったところ。

余談だがヤクザのボスはぴんから兄弟の宮史郎だったよね?お懐かしや!!
一番凄い!と思ったのは伊藤歩、これが放送されてた時の裏番組の「太宰治物語」にも出てたし、さらに「飛鳥へ・・・そしてまだ見ぬ子へ」にも出てた!!
同時間帯に掛け持ち3番組!!ご苦労様でした。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-10-12 09:51 | 誠一くん日記