日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

NHK「笑う三人姉妹」第1週

第一週を見終えて・・・
んー、ちょっとドラマのタイプが自分と合わない・・・かな?
今のところ一番良いと思えるのはエンディングテーマ曲だったりする。
ただ、劇中のパヤッパヤッパヤ〜♪ヤンヤンヤヤヤン♪っていう音楽は古くさいな。
他にも古くさいと思えるシーンが随所に。
第1話、三姉妹+両親をナレーションと字幕で紹介する手法。
第2話、「恋愛武闘派」「初志貫徹」とか途中で入る文字。
第3話、「秋元康の恋愛の本にも書いてあったけど・・・」なんていう台詞。
幸子のブローチが幸平のセーターに絡まって・・・というエピソード。
ビートルには運転席集中ドアロックとかないのか?
第4話、皆で♪線路は続くよ〜♪と庭中をぐるぐる回る家族団欒?等々。

まぁ、第1週は松岡家と、そこにこれから起こる新たな展開の火種になるであろうヘンリーと幸子、
それぞれの登場人物の紹介の週、ということで納得して第2週以降のストーリー展開に期待しよう。

で、ヘンリーこと、せいいちくん。
まだ、なんでヘンリーなんていう名前なのかの説明は出てきていない。
三姉妹、あんなに色々質問してなんで名前の事は聞かないのかなぁ?そこがポイントなのか?
ヘンリーは、こんな女だらけの家に居候してもなんの危険も感じさせない男。
良く言えば爽やか、悪く言えば色気がない。
こういうのは得意技だろうけど、今回は特に「邪気」のない人、を作っているのでは、という事を「え?」とか「ん?」とかの表情を見て思う。

追記:「すずめ」こと光浦が意外にいいな。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-05-20 09:18 | 誠一くん日記

♪メ〜モリ〜♪

パソコンを触りはじめてかれこれ6年半。初めてメモリを増設した。
自慢じゃないが万年ビギナー。出来るだけややこしい事は避けてとおりたい。
そんなわたしがなぜ今さらメモリ増設に踏み切ったかというと、理由はGWの山口旅行にある。
夫は、山口に行く少し前に中古のNIKON D2Hを購入した。
そのおかげでやっと納得できる写真が撮れたらしい。
このカメラで選択できる撮影形式に「RAW」というものがあり、これは非圧縮の形式で「生」のデータのままCFカードに保存できるので画像処理によるデータの損失がなく、すべての情報が保持される。
だが、このRAW形式で撮影されたデータは専用のソフトを使わなければパソコンにCFカードを読み込ませても見る事もプリントアウトする事も出来ない。
その専用ソフトが充分な空きメモリがないと作動しない。
今までメモリを増設しようと思った事がないので、今使っているiBookに適応するメモリが何で価格がどれ位だとか全くわからないのでアップルサービスセンターに電話して聞いてみた。
対応してくれたお姉さんは、きっちり教えてくれて、その後流れるように自然にメモリの注文を承ってくれた。
多分アップル純正のメモリより安い他メーカのメモリもあるだろうが、なにせ自信がないものだから純正だったら付け方がわからなかった時に又電話で聞けるかな?と思い注文した。
512MBで1万6千円ちょっとだった。昔から考えるとメモリも随分安くなった。
が!今週中に送付しますという事だったのでおとなしく待っていたら「生産が追付いていないので納付がかなり遅れます。」とのメールが来た。
それまで待てない!という気持ちとひょっとしたらこれより安いものがあるかもしれない!という考えが湧いて来てすぐさま検索にかけてみた。
調べてみると、あるパソコンショップで、使用しているパソコンの型番を入力するとそれに合うメモリをメールで知らせてくれるとシステムがあり、それによると「GREEN HOUSE」のものがアップル純正のものより5千円以上安く在庫もあるというので注文した。
で、朝から付けてみたのだけれど、うまくパチっとはまらなくて、なんか無理矢理装着しましたって感じ・・・
確かめてみると、やっぱり増設されたメモリをパソコンは認識していない。
問題は角度にあった。
iBookのユーザーズガイドには「メモリを傾けながら」とあるが角度は明記されていなかった。
念の為、パソコンのヘルプを見てみると絵付きで説明されていて角度は30度とあった。
メモリの形状と挿入口を見て出来るだけ角度は低い方が良いと勝手に判断していた。
なんでユーザーズガイドには角度を書かないんだ!>アップル!!
俺をなめんなよっ!by虎児(タイガー&ドラゴン)こっちは万年ビギナーなんだよっ!」
とりあえず、無事にメモリは増設され今日からこいつ(パソ)の名前は「640(ろっぴゃくよんじゅう)ちゃん」になった。
メモリも裕福になったし、ひょっとしたらこいつはMacの新しいOSを入れて「タイガータイガージレッタイガーちゃん」になるかもしれない。

D2Hで撮った画像はこちら
[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-05-15 23:05 | 日々のあれこれ日記

山口旅行記〜その3〜

山口2泊3日の旅、最後の日。
前日の夜どこに萩焼を買いに行こうかと「るるぶ」を見直していたら、
5月1日から年に1回の「萩焼まつり」が萩市民体育館で催されるというコラムを発見。
「通常より安価で品揃えも豊富」とあった。
朝9時から開催というので朝食もとらずに宿を出て会場に向かった。

わたしも含め、たいていの女は焼き物好きではないかと思う。
そんなわたしの目の前には、大きな体育館のスペースに所狭しとたくさんの工房から持ち寄られたさまざまな萩焼が並べられている。
冷静でいられるわけがない。
お腹が減ってきてぶうたれてる息子を適当にあしらって、目の色を変えて物色する。
とりあえず最初から買うと決めていた家族それぞれのお茶碗と近しい身内へのお土産を選ぶ。
もっと買いたい、選びたい!!あぁ、でも財布の中身には薄い・・・続きは来年という事にした。

ぶうたれ息子のリクエストで朝昼兼ねて道の駅でラーメンを食べてから、夫のリクエストで再び津和野へ向かう。
朝から雨は降ったり止んだりをくり返していた。
理想は、調度汽車が来る時に小降りになってくれればいい。
しかし、津和野を山口号が発車する時刻が近づいてくると雨はだんだん強くなって来た。
これは無理か?と思ったら川辺の公園に屋根のあるベンチがあった。恰好の撮影スペースになった。
雨のせいか他に撮影する人もなく3人で今回の最後の一枚になるシャッターチャンスを待つ。
そこへ山口号は雨のせいで綺麗な白い煙りを長く長くはきながらやってきた。
カシャンカシャンカシャン、いっせいにシャッターを切る。
この時、撮った写真は自分でも結構お気に入りの一枚になった。

帰ったきたら車のメーターは1200キロを超えていた。
長かったようで短かった。また行きたい、旅はやっぱりいいもんだ。
↓撮影:私「雨の津和野の山口号」
a0022153_17175520.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-05-01 23:16 | 日々のあれこれ日記