日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

はじめてのロケ地

「徳川綱吉〜イヌと呼ばれた男〜」で「江戸城」に見立てられていた京都の東福寺に友人の案内で行く事が出来た。
紅葉の頃には観光客が溢れかえるらしいこのお寺も冬まっただ中、オフシーズンとあってひっそりとしていた。
だけど、草なぎ君がひとりたたずんでいた渡り廊下も、せいいちくんや西村さん達家臣が大勢行き来して
いた回廊も建築物としてとても美しく(しっかり両方拝観料とられたけれど)一見の価値は充分にあった。

何より「あぁ、ここでせいいちくんと西村さんが・・・」とか「う〜んここで深キョンと西村氏が・・・」とか思うと感慨深くなってしまう。

でもでも、ひとつ疑問に思ったのが鬘に裃つけた役者さん達はどうやってここまで来たのだろう?バス?
ここで、メイクや衣装が出来るとは考えにくいのでおそらく撮影所で済まして来たのだろうと思うのだけど
そんな一団がバスに乗っていたと考えるとなんだかおもしろい。
バスから降りる時は、裃があたらないようにみんなカニさん歩きだったんだろうなぁ。
a0022153_9163524.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-01-31 09:14 | 誠一くん日記

イロイロいろいろ

今日で40才になりました。

自分がこんなトシになるなんて小さい時は思いもしなかった年令。
それなりにイロイロあって、これからも多分イロイロあるのだろうと思うけれど
辛いイロイロを乗り越えて、楽しいイロイロをたくさん見つけて
イロイロな人に感謝して、イロイロな事に感謝して、
イロイロをつみかさねて・・・健康に暮らしてイキタイ。

40才の感想。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-01-26 17:13 | 日々のあれこれ日記

再演、再見、与兵衛さん♪

ほぼ、1年ぶりに「新・近松心中物語」を観た。
これを再び、観る事が出来るとわかった時「再演」っていうのは役者にとって誠一くんにとってどうなんだろう?
一から作り上げた初演に比べてどうなんだろう?勢いや感情のノリが衰えたりしないのだろうか?
そんな不安がずーっと頭の片隅から離れなかった。

だけど・・・進化していた。
いや「進化」というよりも自分で作ってしまった「武器」を捨てて、
丸腰になって、
よりナマナマしい不様で不器用でアホで愛らしい男になっていた。

与兵衛には、最後の最後にこの物語りを観客に渡すという重要な役目がある。
死んでしまった他の3人は、いわば「翔べた人」
与兵衛は、最後の最後まで翔べずにもがいて、ジタバタして、不様な自分をかかえながら地を這うように歩いて行くしか出来ない男。

生きているとふと、思う。自分は同じ高さでただ毎日毎日歩いて歩いて歩くしか出来ないのか、と。
「だけど、それが人なんだ。」
ラストの与兵衛の背中がそう教えてくれているように思う。

誠一くんの遅い年頭の挨拶に「美しく羽ばたく年になるといいなあと思います。」と書いてあった。
「もうちょっとの間美しく羽ばたかないでジタバタしててくれないかなぁ。不様な自分を晒して欲しい。それが出来るのがアンタのいいところなんだから・・・」そんな事を思いながら帰ってきてもう一度HPを見たら・・・
なんと!「美しい一年になるといいなあと思います。」に変わってたよ!!
うん!まだまだニワトリみたいにバタバタバタバタやっててよっ!!
a0022153_857197.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-01-24 00:29 | 誠一くん日記

洗濯機がやってきた!

正月にコジマで買った新しい洗濯機がやってきた。
東芝のドラム式洗機「ざ・とっぷいん・どらむ」?

今まで使っていた洗濯機は旦那が独身時代に使っていたもので十数年前の型。
なので、自分の洗濯機に関する知識は「水をためて洗剤を入れて洗濯物を入れてグルグル回して、ブンブン脱水して終わり」という程度。
ドラム式って?乾燥って?タイマー?????

なのになぜこんな最新式(正確に言えばもうすぐこの型は旧型になるらしい)を買うことになったかというと知人の弟さんが家電通で「洗濯機を買い替えるならこれだ!!」と太鼓判を押した機種がこれで、一足先にその知人がこれに買い替えて「良かったよ。」と言うのでよくわからないけど「これしかない!!」という気になってしまった。

ドラム式というのは洗い方からして今までのものと違うらしい。
水平方向ではなく垂直方向に中のドラムが回るので上部に上がった洗濯物が下へたたきつけられて汚れを落とすしくみでその所為で使用する水の量が少なくて済む。
先に購入した知人によると水道代が半分になったとの事。

洗ってみるとなるほど汚れがよく落ちる。(水道料に関してはまだ請求が来ていないのでわからない)
今まで子供の白い靴下など汚れが落ちた事などなく、ずず黒くなるのにまかせていたのにちゃんと白く仕上がっている!
他にも便利な事がいっぱい。
ふろ水は勝手に吸い上げてくれる(今まではポンプで吸い上げていたが最近は面倒くさくなって滅多にふろ水は使用していなかった)
柔軟剤は勝手にいいタイミングで入れてくれる(今ごろなに言ってんだ!という声が聞こえてきそうだが)
洗濯剤の量を教えてくれる。
タイマーをあわせておくと夜中に勝手に洗濯をはじめてくれて朝になると出来上がっている(でも、なぜか早めに仕上がるので調節してあげないといけない)
朝、乾燥まで仕上がってると干さなくていいし取り入れなくてもいい!!畳むだけ。
ぶらぼ〜〜♪(でもちょっとシワシワだけど)

人間、楽を覚えるともうそこから抜けられない。
でも、最近洗濯がちょっと楽しくなった。
それが一番良かった事かもしれない。
a0022153_9175574.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-01-09 21:16 | 日々のあれこれ日記

書き初め大会

橿原神宮で毎年正月5日の日に行なわれる「書き初め大会」に行ってきた。
5日は、年が明けて初営業日だったが「とりあえず2枚書いたら帰ってこれるので」という書道教室の先生の言葉を勝手に「早く終わる」と解釈し、気軽に出かけてしまった。
到着して受け付けを待つ親子の列に驚愕!
中門の前から始まって外の門を超え手洗い場を超え、池をまわり駐車場まで・・・
目の前が暗くなりそうだったが、せっかくの子供のやる気を無視して帰る事はできない。
「おかあさん、もし途中で時間になったら帰って又迎えに来るから待っときや。」と言い聞かせて順番を待った。
受け付けを終えて書き初め会場の体育館へ入るとうじゃうじゃと子供達が半紙を前に座っている。
体育館は広いので一度に150人位の子供が書く事ができる。
幸い最初の一団に入る事が出来た。

付き添いの大人は観覧席からしか下の子供を見ることしか出来ないのでちゃんと書けるのかちゃんと提出出来るのかちゃんと申し込み用紙をのり付け出来るのかとか色々心配してしまう。
子供によっては2枚書いたうちにどちらが良いか観覧席の親に向けて垂らして見せている子もいる。
こっちは子供までの距離があまりにも遠すぎて何をしてるのかもよくわからない。
舞台でいうなら安めのB席ぐらいの距離がある。

なんとか書き終えてダッシュで帰ってきて間にあったが、翌日の新聞を見ると県内外から2000人の参加があったそうだ。
あなどる事なかれ書き初め大会。
来年は、万全の覚悟で臨んで・・・又最初の一団の最後に加わろう!
a0022153_8454940.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-01-05 21:45 | 日々のあれこれ日記

年末年始あれこれ

31日
今年最後の仕事は、おせち販売の「数が合わない!」というハプニングにみまわれたがなんとか無事終わる事が出来た。
それが効いたのか物心ついてから初めて新年を迎える前に眠りに落ちてしまった大晦日。

元旦
昨日は着物来て初詣なんてもう出来ません!と思っていたが一晩ぐっすり寝たら体力も気力も回復し、のそのそと半襟を付け始め長襦袢まで来たところで雪!
なぜか笑えてきて…服に着替えなおして橿原神宮へ。
駅に着いたところで予約してあった橿原ロイヤルホテルのレストランから電話がかかってきて1時半までには来て下さいとの事。
罰当たりだがお参りする前にお腹いっぱい。
オーソドックスなフレンチだったが美味しかった。
料金も普段通りでとてもゆっくり出来たし元旦からいい思いをさせてもらった。

2日
前日の敵?をとる為に着物を着て信貴山に初詣に出掛ける。
正月にご祈祷してもらったのは初めてで、館長さん直々のおとそやお雑煮の御膳も戴けるのですごく得した気分。
こういう事に得したとか言ってる事が罰当たりだなぁ。
「ありがたい気分」って言わなくちゃ。
初詣第2弾の後は実家へ。
またまたお腹いっぱいになったその後で久しぶりに帝塚山の某有名店のケーキを食べようと言う事になり車で買いに行く。
たくさんの女性店員の中に妙にイケメンの男性店員が一人。
オバサン狙い?
イケメンの非のうちどころのない笑顔ってどこか嫌みと感じるのはわたしだけ?
ともかく久しぶりに食べたここのケーキは文句なくイケメンより美味しかった。

3日
去年から調子が悪かった洗濯機を買い替える為にコジマに行く。
他店対抗の歌い文句で知られるコジマなので「ミドリで○○円で売ってたので」と切り込むが「うちは無料10年補償がついていますので」を軽くかわされる。
どうも、その販売員の人(a)がイマイチな感じがしたので「考えます」と言って違う販売員の人(b)に又、同じ文句で切り込むとあっさり「じゃ、それで」と言ってくれた。
aとbとでは5千円も違う!!大きすぎる!!
コジマで買う時は人を選ぼう!
[PR]
by bisyamonkikkou | 2005-01-04 17:18 | 日々のあれこれ日記