日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:日々のあれこれ日記( 61 )

TOYカメラ〜LOMO LC-A〜

LOMO LC-Aに興味を持って検索していろんな人の画像を見ているうちに
自分でも撮ってみたくなり、ヤフオクで中古をゲット。
もうフィルムには戻れない派の夫に対抗するわけではないけれど
TOYに潜む「何か」を求めて撮ってみよう!

フィルムで撮ると当然のごとく現像に出さないといけないわけで、
近所のカメラの〇〇〇〇に試しどりの一本目を出したのだけど結構高い。
で、検索して楽天の「フジカラープラザ」に決定。

36枚撮り同時プリント840円CD作成300円。
勝手にチョイスしてくれた一枚をL版サイズの翌月カレンダーにしてくれて
このお値段はかなり安いと思う。送料無料だし。

仕上がった写真は、ほとんど見れないようなものだけど
すこーし、入り口程度のものが見えかけたようなまだ入れないような。

「三条大橋」
a0022153_2203655.jpg

なんとなくこれが一番のお気に入り。

「落ち葉と雑草」
a0022153_2393072.jpg

マクロを使って。

「ミノムシはどこに?」
a0022153_239531.jpg


「京都 祇園」
a0022153_2402364.jpg

勝手にチョイスしてくれた一枚。

2月のカレンダーをゲットする為にも1月も撮るぞ。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2009-12-09 02:25 | 日々のあれこれ日記

京都 あれこれ autumn 食い気

「ブラック会社に勤めてるんだがもう俺は限界かもしれない」鑑賞にかこつけて
久々に京都に行きました。

まずは、京都鴨川沿いの「SCORPIONE吉右 京都店」
雰囲気の良いお店。
ランチコース、3000円。
まずは「甘いサツマイモのス゛ッハ」
a0022153_282073.jpg

ズッハってスープの事なんだって、勉強不足だ、知らなかった。

で、前菜の「軽く火を通したタスマニアサーモンと上賀茂野菜」
a0022153_284431.jpg

これ美味しかった。

で、パスタは「五島列島 猪のトスカーナラク゛ー タリアテッレ」
a0022153_291445.jpg

五島列島とイノシシに惹かれてしまったけど、これも美味しかった。
ラグーって食材を細かく切り、それを煮込んで作るソースのこと、らしい、又また勉強不足。

メインは、店員さんおすすめの「甘鯛のクロカンテ キャベツ添え」
クロカンテは確かお菓子のレシピで読んだ覚えが・・・カリカリに焼いたもの、らしい。
これだけ画像を撮る前に食べてしまった。

あとはドルチェとカフェラテ。
a0022153_292679.jpg

a0022153_29463.jpg


で〜、ここを後にして祇園の鍵善良房へ。
「くづきり」なぜゆえ「くずきり」ではなく??
これはなんでしょう、なんでこんなにシンプルなのに美味しいんだろう?
a0022153_210269.jpg

店に置いてあった水上勉氏の推薦文があり、まぁさすがに作家先生。
「くづきり」同様ほれぼれするような文体。みごとにこの美味しさを表現してある。
最後だけ引用させていただこう。
「文明は山野をいくらけずりとっても、自然の美味は残すものだ。
くずきりは京の味の王者だと思う。」
[PR]
by bisyamonkikkou | 2009-11-24 02:12 | 日々のあれこれ日記

富士登山2009

今年の富士登山は楽しかった。

去年は初めてという事もあり、友人4人とツアーに参加しての富士登山だったが、今年は子供と二人で登った。

久しぶりに集まった元会社の同僚達と登った富士山も、
事前のトレーニング登山も含めて楽しかったのだが、
あまりにも「頂上でご来光を見る。」という事にこだわりすぎて
(ツアー自体がそういう趣旨なので仕方がないが)
かなりハードなタイムプランで、おまけに高山病にかかった事もあり、
下山道の最後の方では体力的に限界を超えてしまった。

そんな状態で途中で友人とはぐれて(といっても一本道なので自分が遅れてただけだけど)
延々と続くジグザグなイシコロだらけの下山道をひとりで黙々と歩かなければならなかった。

おまけに山を舐めてはいけないと、レインウェア、防寒具etc.
他の4人に比べ装備万端だったのだが、ガイドの人もこんなのは珍しいというくらい丸二日間全く雨の一滴も降らないピーカン天気。
重いだけだった・・・

そんなこんなでなんとな~く後味が悪くなってしまった。
と、いうより悔しかった?!
とにかくもう一回行きたかった。リベンジ?

あと、純粋に雲の上から見た景色や、ものすごく濃い青の空。
普段見る事の出来ないようなものを子供と一緒に見たかった、というのもある。

で、今年は、ネットや雑誌、本でもお勧めの「須走口」から登った。
「お勧め」というだけあって、登る距離こそ吉田口より長くなってしまうが
途中までは森林もあり、人もそんなに多くなく(吉田口の混雑ぶりは凄かった!)
ゆっくりと富士山と自然を満喫しながら登る事が出来た。
(あんまりゆっくりしすぎて八合目の山小屋に到着する頃には、
あたりが暗くなってしまい焦ったけれど。)
a0022153_4335322.jpg

結局、この八合目の山小屋でそれまで調子の良かった子供が軽い高山病になってしまい、頂上までは登る事が出来なかったのだけど、
子供も来年はもう中学生だし、こんな風に二人きりで時を過ごす事も
少なくなるんだろうなぁ、などと感傷的になると、
「あ~、今年富士山に登って良かった、良い思い出が作れた。楽しかった。」と
余計にそう思う。

どんな事でもいいから良い思い出を重ねて歳をとっていけたらなぁ、と思う。
そんな風に思う事って歳をとった証拠かもしれない。
a0022153_4343730.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2009-08-13 04:34 | 日々のあれこれ日記

劇団☆新感線「五右衛門ロック」

「これは新感線流『ルパン』だ。」と思った。
それは東京公演を見に行った方から先に聞いていたのだけど。

世間の常識なんか糞食らえ、自由奔放、
思うがまま何でも盗む石川五右衛門(古田新太)=ルパン三世、
五右衛門の身内と見せかけてその本心は自分の欲、
その為に五右衛門をけしかけるお色気いっぱい真砂のお竜(松雪泰子)=峰不二子、
五右衛門を捕まえる事しか頭にない、そして律儀でお人好しの役人、岩倉左門字(江口洋介)=銭形警部
といった感じ。
このレギュラーメンバー(「ルパン三世」の次元や十三代目五右衛門に値するキャラはいないけど)が
怪しいイスパニアの商人、ペドロ(川平慈英)アビラ(右近健一)の口車に乗って
「月生石」というお宝が、山ほどあるという謎の島タタラ島を目指す。
しかし、そこに待ち受けていたのは絶対的な力で島を納める恐怖の王様タタラ王(北大路欣也)、
そのタタラ王と対立するボノー将軍(橋本じゅん)とその妻(濱田マリ)、
そしてタタラ王の息子ながら王を仇と狙うカルマ王子(森山未来)等々。

「これらヒトクセもフタクセもある連中に囲まれて、今週はどんな事件を巻き起こしてやろうかな。」というのは旧シリーズのルパンの台詞だけれど
正に「五右衛門ロック」の登場人物は、クセあり、芸あり。

登場人物ごとの見せ場がおもしろ過ぎて時間がどんどん過ぎていき。
広げた話しがまとまるのか?といらぬ心配をしてしまったけれど、
そこはさすがに「新感線」。
人々の愚かな欲とそれがもたらす悲劇、親子の確執と絆と愛、といったテーマを織り込みつつ、
最後はウワァーーーーっと盛り上がり、
「あ〜!一緒に歌い踊りたいっ!」と思わずにはいられないほど見事に乗せてくれた。
(歌いも踊りも出来ないけど・・・)
なんというかライブ会場の様なノリ。やっぱり「ロック」。

お祭りみたいな舞台、ひと際暑い今年の夏にぴったりの舞台だった。

・・・クガイ王、かっこ良すぎる・・・
・・・左門字、爽やかすぎ・・・
・・・カルマ王子、舞台映えしすぎ・・・
忘れてた・・・五右衛門、変装おかしすぎ・・・だけど口上はバッチリ決めてくれた

[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-08-12 04:33 | 日々のあれこれ日記

富士山に登った!!〜①富士山に登ろうと思ったキッカケ〜

ある時「環境野郎Dチーム」という妙な深夜番組を見た。
それは、環境改善に関する指令をメンバーが実行するという趣旨の番組で、
出演者はわたしが子供の頃の青春ドラマや刑事もの、時代劇で鳴らした往年の俳優さんたち。
その番組で「殿下」こと小野寺昭氏、「角さん」こと伊吹吾郎氏のお二人が
「富士山の置き石を除去せよ!」という指令を受け、富士山に登り「ご来光」を見て涙ぐんでいた。
そこでの「ご来光」があまりに綺麗だったのと、この様なお歳のお二人でも登れるのならわたしも登れるのではないか?と思ったのがまず一番のきっかけ。
あとは、NHKの携帯サイト「風林火山」のインタビューで小山田殿が
「富士山は小山田のものだから。」と言っていたのにガビーン!と来た。

「富士山がわたしを呼んでいる!」まったく勝手な思い込みだった。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-07-25 00:34 | 日々のあれこれ日記

「敵国のカメラ」で

a0022153_133768.jpg

↑は西梅田のヒルトンプラザウェストのエレベーターのボタンである。
しかも、外(エレベータホール)にあるボタン。
(正確に言うとタッチパネルか?)
西梅田にはもう何年も来ていなくて、こんなビルが地下に直結されていたのも知らなかった上に、
いきなりこんなボタンがお出迎えしてくれたのでちょっとビビってしまった。
ちなみに中にも同じものあって、外のと違うのはそのすぐ下に
全体の4分の3の大きさの「←OPEN→」と書かれたボタンと
4分の1の大きさの「→←」というボタンがある。
これなら日頃エレベーターの開閉問題に頭を悩ませている「かの君」も納得するのではないだろうか?

で、何をしにヒルトンプラザウェストに行ったかと言うと
ここの13Fの大阪ニコンプラザでの田中長徳氏の講演「わたしとニコンのほぼ半世紀」を聴講する為。
ニコン派の旦那が登録しているメールマガジンにこの講演の知らせがあり
「チョートクさんやで?行くやろ?」と誘われ二つ返事でOKし、申し込んでもらった。

講演の内容は正直、Nikonにもカメラにもそんなに詳しくないわたしが聞いても
よくわからないお話が多かったのだけど(スイマセン・・・)
その日、長徳氏が持参されていたNikon SPのようなカメラの中身を
デジタルに変えたものを売り出してはどうかと言う提案が、
いつも旦那が「こういうのがあれば絶対買うのに。」と言ってるのと同じだった事と、
前述のエレベーターのタッチパネルにチョートクさんもいたく感心されていたので、
おぉ!わたし達夫婦と同じ「思い」を持っている!(ちょっと違うか?)と
勝手に親近感を抱いてしまった。
あと、徳大寺さんによく間違われるというお話が大ウケ!!

そして、講演が終わり新設されたNikonプラザで
旦那が興奮気味に展示されているD3のシャッターを心ゆくまで切り、
長徳氏が講演中に飲んでいたのと同じ「水」を買い、旦那がトイレに行ったので
それを待っていると・・・
あら?エレベータホールにいるのはさっきまで講演されていたチョートクさんでなないの。
「チャンス!」と思い「一緒に写真、いいですか?」と聞くと
「あ〜、いいですよ。」とニコやかに応えていただいたので、
トイレから出て来た旦那に早く早くと手招きをしていると
チョートクさんが「カメラは何を?」と聞いてくれた。
で、わたしがGRDⅡを取り出すと
「お!敵国のカメラですね。」とこれまたニコやかに答えてくれた。
a0022153_1335090.jpg

このツーショットを写した後に「奥さんに見せるから。」とチョートクさんが
自分の持っていた「Nikon D5100」を旦那に渡したのだが、
その時もごもごしてる旦那に「シャッター押しゃいいから。」と言ったのが大ウケ。
だって、その人のバックに「Nikon D5000」入ってるんだから。

帰ってきて気がついたのだけど、これがGRDⅡでの初めて記念撮影だった。
「記念撮影」の「記念」すべき最初の一枚が田中長徳氏とのツーショットだなんて・・・
やっぱこのカメラは良いカメラだ!

KCチョートクカメラ日記
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-05-20 04:57 | 日々のあれこれ日記

値段の高いショートケーキは必ず三段である

初めて「ケーキ作り」というジャンルに足を踏み入れた。

きっかけは子供がホワイトデーに手作りチョコレートケーキを要求された事にある。
仕方なく「100円ショップ」でケーキ作りの材料を揃えてみたのだが、
なんせ作った事のないものを人さまにお渡しするわけにはいかないし、
一応、ジャンルは違うと言えども「食」を生業としている者としては
滅多な物は渡せない。
という事でホワイトデーには出来合いのケーキをお返しする事にした。

でもせっかく買った材料がもったいなかったのでとりあえず作ってみた。
a0022153_219220.jpg

出来映えはなんというか・・・手作り感バリバリでとても見られたものではないけれど
子供と一緒に作れてとにかく面白かったし、そこそこ食べれた。

それで、今度はちゃんとしたモノを作って見たくて
とりあえずジャスコで18センチの型を買い
ネットで作り方を検索して作ってみた。
a0022153_2193826.jpg

大きくなって苺をたくさん載せると出来映えもそれなりになったのだが
なんか・・・パサパサしてる。

「COOKPAD」というサイトですべてのスポンジケーキの作り方を網羅すると
「失敗はあり得ない」という心強いレシピを見つけた。
そのレシピの持ち主が是非「お菓子作りのなぜ?が分かる本」相原一吉著を
読んで下さい、というのでそれも買って作ってみた。
ついでに楽天ショップで道具も買い足した。
ここまで資本投入すると納得いくまでは止められない。
真剣度が増すにつれキッチンでは怒声も飛び交うようになって来た。
a0022153_2201969.jpg

確かに失敗はあり得なかった。
だが、味が、納得いかなかった。

生クリームの乳脂肪分や砂糖の量などを変えてみて作ってみた。
a0022153_221437.jpg

味は美味しかった、がっ!!
スポンジ作りの最後に低速で撹拌するのを忘れてキメが粗くなってしまった!!

ケーキ作り・・・
なかなかに奥が深いし、魅惑的な道具や材料がネットで簡単に手に入ってしまう。
このまま深みにハマると・・・
確実に太るよ、これは。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-04-09 02:22 | 日々のあれこれ日記

28mm

「我が周囲をあざむくも混沌と取り巻いているこの世界を、カメラの枠の中に構築する」

先日購入した田中長徳著「GR DIGITAL WORK SHOP2」には
数々の「しびれる」文言があってこれはその中の28mmについての一文。
自分は28mm位の広角のレンズで撮影した画が好きだ。
それについて「なぜ?」と深く考えた事もなく「なんだか好き」と思っていた程度なのだが、
これを読んで「あぁ!!そうか!」とびびーん!と来た。
28mmで撮影した画は実際の人間の目で見る視野よりやや広い。
今、自分の目で見ている状況よりも少し多め、
その+αのスペースに何が入るか、何を入れるか。
うまくいけば「モノ言う画」になる。

tanave.comのfotoが更新されて先日TOPにちらりとお目見えした
DP1による画像がupされた。DP1も28mmである。

休日の公園、
写し出される優しい影がやわらかな春の陽を思わせる。

これは人の目線というよりも
咲き始めた花の香りに誘われてやってきて
公園のところどころにとまった蝶の目線のよう。

春が来た。
それだけで少し心は軽やかになり
暖かい春の日差しを浴びに人々は集う。
洪水のように押寄せる哀しい知らせに気持ちは沈むばかりだけれど
ここには「春」という名の幸せがある。

fotoの画はそんな事を構築しているように思える。

a0022153_324212.jpg

[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-03-30 03:24 | 日々のあれこれ日記

写真の品格

tanave.comのTOP画像がSIGMA DP1に変わって思わずニヤリとしてしまった。

某DP1板は皆さん所有した喜びに沸いており
この少し扱いづらいが卓越した解像力を持つカメラを
愛してやまない様子がちょっぴり羨ましく思えて来たりする。

2月の「デジタルカメラマガジン」の連載「デジカメ風雲帖」で
田中長徳氏がライカM3のミニチュアデジカメが案外いける、と書いている。
そこにあるピントの甘い、くすんだ様な色合いの画質には見覚えがある。
わたしが初めて買ったデジカメがこのミノックスのライカM3だった。

フォトキナで発表されたこのカメラが売り出されるという新聞記事を読んで
その姿に一目惚れしてわざわざ新聞社に問い合わせて買った。
130万画素だった。
なかなか色が出ないのでレタッチというものを初めてやってみたりした。

デジタルカメラの世界はどんどん進化を続けている。
デジイチもわたしの様なものでも気軽に使えるようになり、
画質も出始めの頃とは比べ物にならない位に良くなってきた。

だけど田中氏は「ミノックスのライカM3は忘れていた大事なことを思い出させてくれる。」と言っている。
その画像は、デジカメが35万画素が普通でそこから100万画素を目指していた輝かしい過去の時代、懐かしい思い出のデジカメ画像だと言い、
フルサイズRAWモードデジカメ一眼レフは「現実の光景をそのまま引っ剥がして」きたようでシャープではあるが「品格」などはない、と言っている。

そう、ライカM3の写す絵はどこか「夢」のようである。

どんなに綺麗に写せても、そこに写されたものに何も感じるものがなくては良い写真とは言えない。
感じ取ったものを写し、見る人にそれを伝える。
ナカナカムズカシイ。
a0022153_1595139.jpg

↑ミノックスライカM3で撮った北びわこ号
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-03-14 02:00 | 日々のあれこれ日記

モノ〜その2〜 (早まったか!?)

「IZO」をなかなか見に行けなかったストレスから買い物に走ってしまい
(それならいっそ東京遠征した方が良いのでは?というご意見も頂いたが・・・)
購入したモノ。
「RICHO GR DIGITALⅡ」
a0022153_16585743.jpg


きっかけは、お姑さんの古稀の祝の席で義妹が見せてくれた同じくRICHOのGX8。
フランスに旅行に行ってきたと言って、その時の画像をカメラの液晶画面で見せてくれた。
それがとても良かった。
メトロや市場の様子、パン、フランス人・・・
義妹はカメラマンのバイトもしているので被写体を見る目や構図、設定の仕方もとても良かったのだと思う。

デジイチ(デジタル一眼レフの事をこう言うらしい)は普段持ちあるくには大きすぎて「あ☆」と思ったものをササっと撮るのには向いていない。
これをいつもカバンに入れて持っていたら「あ☆」をそこに納められるかもしれない、と自分の腕も顧みず思ってしまった。

で、帰ってきて色々調べてみると、
今コンデジ(コンパクトデジカメの事はこう言うらしい)買うならRICHO GX100(ズーム)かGRⅡ(単焦点)か、この二つのどちらかだろうという結論に達した。
うーんどっちにしようか?と迷ったのだが、
旦那に相談すると「お前、ズーム使うか?」と言われ、
「そうだ、オールインワンよりオンリ−ワンよね。(なんか違うかも?)」とGRⅡに決めた。

で、「使いこなせるかなぁ」と思いつつ、そのクオリティの高さに満足していたのだが・・・

今日、なんとあの!シグマから出ちゃったんです「SIGMA DP1」
あの!有効画素1406万画素のFOVEON X3ダイレクトイメージセンサー、
SD14と同じ撮像素子!コンデジなのにデジイチと同じ撮像素子!!
あぁ、あのあこがれの(特にわたし及びお仲間にとっては)FOVEON X3を手に入れるチャンスかも知れなかったのに・・・
と、ちょっとばかし後悔もしたのだけれど、
ようは自分の撮りたいもの、が撮れるカメラかどうかというところが重要であるわけで
(と、いってもそんなに大したものを撮るわけではないのだけれど)
その価値はそれを持つ人次第。
感性と腕を磨く事、それが大事!

と、最もな事を言いつつも姑息にGRⅡに出来てDP1に出来ない事を探してみた。
マクロ&スクエアフォーマット。
a0022153_23331248.jpg

いろいろ理屈をこねても、ようするにモノって自己満足。
あとは、満足出来る絵を撮れるかどうか、これが一番難しい。
[PR]
by bisyamonkikkou | 2008-03-02 17:01 | 日々のあれこれ日記