日々愛してやまない「あの人」の事、そして日々のあれこれを徒然なるままに綴ります。
by bisyamonkikkou
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
いろいろサイト
最新のトラックバック
福山雅治掘り下げweb
from 福山雅治掘り下げweb
【ドラマ】ふたつのスピカ..
from いーじすの前途洋洋。
三沢光晴リングに散る!斎..
from 三沢光晴リングに散る!斎藤彰..
松田翔太 松田優作 親子..
from さくっとニュース
視力回復トレーニングとレ..
from 視力回復トレーニングとレーシック
『花の誇り』(2008)
from 【徒然なるままに・・・】
Nikon デジタル一眼..
from グッズプラス~これいいかな
手作りチョコケーキ レシピ
from News日刊
風林火山クラブ最終回「全..
from ブルー・カフェ
[ドラマ2006-07]..
from 路地裏より愛を込めて
カテゴリ
全体
誠一くん日記
栽培日記
映画日記
TV日記
日々のあれこれ日記
PSX日記
ベスト体重への道日記
劇場で見てない映画日誌
荒神覚え書き
カブトムシ幼虫日記
手作り化粧品日記
iPod日記
消しゴムはんこ日記
リフォーム日記
未分類
以前の記事
2015年 08月
2014年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

15年ぶりの・・・

もっちー&田辺誠一のハイタッチ&サイン会に行って参りました。

東京はじめ各地で開催されているこの催し、正直なところ関西には来なくてもいいか、って思っていて…

と、いうのは15年前「眠らない羊」のサイン会の時に「最初で最後」と銘打たれており、「え?ブームだからって、やるの?又」という落胆と、
あの時のなんていうか感動、感激、を自分の中でそっとしまっておきたい、という自分勝手な思いがあり…

でもね、やっぱりね、そんな至近距離でね、見れる!サイン書いて貰える!うまくいけば会話出来る!なんてチャンスは滅多にないわけですよ!実際前回から15年も経ってるわけだし!

と、いうわけで整理券配布の当日は会社半休とって朝早くから並びーの、ちょっとでもウケようと前日セコセコ小道具仕込み〜の、な感じていざっ!決戦のハイタッチ&サイン会へ!

(余談ですが、田辺さんも15年前に最初で最後って言ってたのを覚えていたのか、当初この催しは「ハイタッチ&お絵描き会」だったはず。
それが、普通にサイン会になっていったのは如何なる大人の事情なのか?)



↑の画像の赤い傘の女がわたし

さあ!当日!!
ハイタッチ&サイン会が行われる会場は大阪梅田ロフトの3F「LOFT Lab」
ガラス越しに「!」居てる居てる!!田辺さんともっちー!!なんかの取材受けてる!!!
ご一緒していただいたAさん情報によると「おはよう朝日です」が取材に来てるらしい。
(翌日のオンエアを見るとこの取材はおは朝ではなく、LOFTのそれだったみたい)
a0022153_158376.jpg

もうこうなるとミーハー全開ですよ。
ドキドキドキドキ・・・トトト、ドックン、ドックン、たまには心臓にも良い運動かも?
そこから、まず整理券の番号の早い順に入り口付近から非常階段の方に並ばされてひたすらその時が来るのを待つ!!
(わたしは18番だったので早いうちにお呼びがかかり、ガラス越しのお姿を拝める時間が短くなって損な気が)

あたりを見回すと・・・やっぱり圧倒的に女子が多いのですが意外に若い子が多い!!!
これは良い事!
前の方に居た双子のようによく似た十代と思しき女子二人が「きゃあ♪カワイイっ♪♪と
キャッキャしておられたが、ん?どっち?もっちー?田辺さん?どっちも「カワ(・∀・)イイ!!♪」って感じではないんだけど、と思ったり(^^;)

そして列が進み始める。
様子を伺っていると、まずもっちーとハイタッチ!をしてから田辺さんにサインを書いてもらう、という段取り。
で、結構皆さんもっちーとハイタッチした後、田辺さんが前の方のサインを書き終えるのを待つ時間というのを持て余し気味な感じ。
フフフ。
そこで前日の仕込みが役に立つわけですよ。ジャーン!肉球グローブ!!
a0022153_284823.jpg

ほい、わたしの順番が回ってきました。
もっちー「おはもっちー!」
わたし「おはもっちー!もっちー!『にくきゅ〜〜、ハイタッチ!』たのむもちな!」
もっちー「え?あ!うんっ!!」
わたし「ほな、行くで!『にくきゅ〜、ハイタッチ!』」
もっちー「あ、た、タイミングがずれたな。」
わたし「じゃ、もう一回!『にくきゅ〜、ハイタッチ!』も一回!『ハイタッチ!!』」
もっちー「すごいなぁ、作ったのか?」
わたし「うんうん、作ったんだよ。」
もっちー「もっちーのより立派だなぁ。」
わたし「そう?う〜ん、もっちーのより膨らみはあるね。」
と、このあたりで田辺さんが待ち状態になってる事に気付いて「じゃ〜ね。」とあっさりもっちーとバイバイし田辺さんの前へ。
田辺さん「あ、ついっ太くん。」
フフフ、そうさ、あえてもっちーTシャツではなくついっ太くんTシャツを着ていったのさ。
気付いてもらえて嬉しいさ(TΛT)
わたし「そ、そーです!ついっ太くんです。」
田辺さん「サンリオですよね?」
(この間片付けてたら偶然出てきてもういつ買ったのか、どういう経路で販売されていたのか全く覚えてなかったので)
わたし「え、えぇ。(と誤摩化す)」
この後、ちょっとした質問をし、まだちゃんと言えないんですけどね、と言いつつ答えてもらい
(すいません、答えにくい質問しちゃって)
「楽しみにしてますので、これからも頑張って下さいね。」と次の方にチェンジ。

15年前と比べると、田辺さんが醸し出す空気は相変わらず優しく透明なんだけど
丸くなったというか、その柔らかい空気の広がりが大きくなって
その場にいるみんなをほわーんと包み込む、包容力が備わった感じ。
良い感じに年を重ねたんだなぁとつくづく思いました。
(わたしはと言えば、15年前は震えるような小声で質問して田辺さんが耳を近づけてくれないと聞こえないくらいだったのに、今回はそのような事もなく立派なおばさんになったなぁ)

一階の展示場は、盛況でもっちーと記念撮影する人も、展示物を見る人も、ガチャをする人も
みんなニコニコとして・・・
「あ、こういう事なんだ。」って。
田辺さんが本業以外の事でブームになってメディアに取り上げられ
友達にも「あ、あの絵描く人でしょ?」なんて言われ、このかっこいい犬騒動を
ちょっとばかし、快く思えないところもあったのですけど、
この会場に来て、集まっている皆さんや展示場で見る人たちの表情を見て、
田辺さんが俳優以外のところで伝えたいもの、というのが
理解出来たような気がしました。

ともあれ、暑い中、田辺さん、もっちー、お疲れ様でした。
会えて良かった!!!
a0022153_29299.jpg

[PR]
# by bisyamonkikkou | 2015-08-26 02:11 | 誠一くん日記

「キレイ」ー神様と待ち合わせした女ー

結局、神とは…
人の裏側、、、隠された欲望、押し込めた感情、忘れたい想い、
そういうものなのでは?

まだ子供だったケガレは、マジシャンの催眠によりそんな「裏」を封印され、又自分自身も成長する過程で生まれた、嫌な、汚い「裏」をそこへ閉じ込めた。それが「ミソギ」。

地上の人々の表と裏、
カスミは、時々見え隠れする自分の裏、といってもそれは普通の人間なら当たり前の様に持つ感情なのだけど、
そいつが清く正しいお嬢様でありたいカスミにとっては、とても汚く思え、
人に何かを与える事でバランスをとる、そしてそれを自ら「偽善」と呼ぶ。
「善行」「寄付」って、今の自分に何かに出来る事をする、と言えば聞こえは良いけれど所詮自分を満足させるものなんだよ、ほんとそうだ。
誰かの犠牲になること、それがカスミにとっての最高の偽善。
それはもう悲劇なんだけど。

ハリコナは、バカが表で利口な方がが裏。
利口になった途端、欲が出る。
身の丈にあわない財を欲したり、世間体を気にしたり、ロクな事は無い。
ジュッテンは、裏側を見ない様に目をつぶってる。
だけど、大好きな大好きなカスミさんのまっさらな姿を見れるなら、
表の世界にもどって、汚いものも見
てもいい。
それ位、カスミさんはキレイなのだから。
この「見れる」位で良い、決してカスミさんを、我がものにしようってんじゃないっていうのが、ジュッテンの身の程知ってるというか、なんちゅうか、切ないところ。
これが又、独占欲の塊のマジシャンと対照的。

ダイズ丸
この人は最初人間じゃない。
「食べられたい食べられたい」
自分なんてものは有りはしないのだから裏もない。
だけど、生殖器がついてしまった事で、人本来の欲が出る。
生きたい、自分の生きた証を残したい。
でも、それは生きるものに最低限許された欲だろう。
それが生きてるって証だから。
「生き恥晒すって生きてる醍醐味」
だからこの人は、どんなに異形になってもキレイなんだ。
ハリコナとダイズ丸だけが花を咲かせられるのは、ただ生きてるからなのかな。

かあちゃん、
もうかあちゃん、て言う生き物は別格扱い。
とにかく逞しい。意味なんてあれこれ考えない。
それはそれ、これはこれ。
家族の為ならエンヤコラ、屍体回収でも、離婚でも、政治家でも、大統領でも、なんでも来い!
表?裏?そんな事考えてちゃ、おマンマ食えないよ!
これには誰も叶わない。
そんな母ちゃんにわたしもなりたい。

マジシャン
この人はマザコン、そして意気地なし。不器用。
そんな自分に絶望して自ら命を絶とうとピストルで頭を撃ち抜いた。
その時、自らの欲望が神となって現れた。
マジシャンは、人々にひと時の夢を見せたかった、
が、それは人々を催眠ガスで思うままに操る事に転じ、それは地上では許されることではなかった。
やがて彼は一人の少女を誘拐する機会を得、彼女と自分の理想の世界を作る為、地下に籠る。
そこでは、自分は神と一心同体。
邪魔者は消してしまえ!
誰も自分を押さえる事は出来ない。
地下のマジシャンは、まさに人の裏側のみの存在。
暗く、自分勝手で、エゴイスト、暴力的。
だが…少女は思うがままにならず…
地上で再開した彼女は、すっかり大人で、
そんな女を自分のものにしても抱いても、マジシャンとして成功しても、何も満たされず…酒に溺れ…
でもそんな女でも離したくない、
そうして又催眠ガスをまく羽目になってしまう。
欲に飲み込まれた罰。

人の表と裏、両方持って、無様でもかっこ悪くても、汚くても、生きていく、そうやって「生」を全うすることそれが「キレイ」なんだと思う。
[PR]
# by bisyamonkikkou | 2014-12-11 16:34

理想と現実の間で・・・

現実(借家の現況)と理想(バルーン妄想)のギャップを埋めるために
ついつい雑誌を買ってしまいます。
これ↓

Come home! vol.23 私たち、春の模様がえ計画進行中! (私のカントリー別冊)

主婦と生活社 (2011-02-19)
売り上げランキング: 126696

や、これ↓
わが家を一新!劇的DIYリフォーム―部屋別実例集 (Gakken Mook DIY SERIES)

学研パブリッシング
売り上げランキング: 49565

とか、これ↓

読んでるだけで出来りゃ苦労はないんですが(^_^;)
そこはそれそれイメージが大事ですから。
床と言えば日曜日に近所に出来た大型ホームセンターでピン!とくる床材を見つけました。
a0022153_1564697.jpg

お値打ち品だったので来週まであるかなぁ・・・
[PR]
# by bisyamonkikkou | 2012-10-03 01:58 | リフォーム日記

「Come home! × 壁紙屋本舗ナチュラルリフォーム選手権応募」ちょっと修正

妄想バルーンの膨らみがとまりません(><)
前回「ま、いいか・・」と放置した「小便器」ですが・・・
せっかく床や壁を一生懸命リフォームするのに
あたしに用のない「小便器」がだだ〜んと鎮座しているのは我慢ならない!
とわけのわからない怒りがこみ上げてまいりました。
で・・・じゃーん!(下手な絵ですいませんm__m)
a0022153_23155783.jpg

ここはパウダールームにするのです!
小便器の給水栓と排水を利用して出来ると思うんです。
陶器の洗面ボウルを一枚板に埋め込んで、
味気ないサッシ窓に木枠を付けて真ん中に鏡を貼る。
どうでしょう!
↓窓枠のイメージ Comehome!「DIYで出来るナチュラルリフォーム」より
a0022153_2330179.jpg

[PR]
# by bisyamonkikkou | 2012-09-30 23:30 | リフォーム日記

「Come home! × 壁紙屋本舗ナチュラルリフォーム選手権応募」その2

妄想膨らみきってますが・・・もうちょっと膨らませます(^^ゞ
もし第1ステージをクリアして第2ステージに進み
グランプリを受賞すれば、壁紙屋本舗さんで使える3万円の商品券もいただけるそうです。
その使い道は・・・
a0022153_317116.jpg

どーん!このトイレ(^_^;)
意味なくね、この小便器・・・ま、いいか、うちは男子2人、女子1人だからね。
とにかくこのトイレは息子から大クレームで・・・どうもタイルってのが受付けられないらしいです。
そこで、下のタイル地に木目のクッションフロアを引き、







横のタイルにはベニア板を貼った上にフレンチナチュラルな木目の壁紙を貼り、








境目にモールディングを施し、














そこから上にはまたまたコジエルの本棚の壁紙を貼る。
(本屋さんにいるような感じが良いという息子のリクエストで)














あ、本棚の壁紙のなかにホントの本棚も作る予定(^^)v
概算は・・・
a0022153_3282156.png

またまたがっちり買いましょう、です。
こちらもまた楽しみです(*´ω`*)

もしも、もしも、6組のうちの1組に選ばれたなら
ほとんどDIYの経験もない家族が「こんだけやれたよ!」というところを
皆さんに見ていただければ、と思います。
[PR]
# by bisyamonkikkou | 2012-09-28 03:32 | リフォーム日記

「Come home! × 壁紙屋本舗ナチュラルリフォーム選手権応募」

テーマは「和洋折衷ナチュラルな親と子のプライベートルーム」
〜二間続きの昔ながらの和室を親・子それぞれの部屋のリフォーム!〜

突然ですがわが一家はこの度、18年住んだマンションから築44年の借家に引っ越す事になりました。
わたしより少し年下のこの家、古びた一軒家ならではの味わいがあるっちゃあるけれど・・・このままでは住めない(^^;)
だーけーどー大々的にリフォームする予算がないっ!!
だから自分で出来ることは自分でっっ!!!
(もちろん大家さんには承諾済です。)

そこで以前から時々覗いては皆さんのセルフリフォームぶりに感嘆していた
「壁紙屋本舗」さんのHPでプランを立ててみよう!と思ってアクセスして見たら・・・
「第5回お部屋まるごと『壁紙を使ってナチュラルリフォーム!』選手権」!!
参加者募集中!!!!!
これは・・・・・応募するしかないでしょヽ(^o^)丿

今回は雑誌「Come home!」とコラボレーションとの事、
なんと選手権の様子がCome home!の紙面で紹介されるんだとっ!
と、いうわけで早速本屋さんへGO!!
この2冊を買って来ました!!
a0022153_2444692.jpg

ぶらぼー!セルフリフォームヽ(´ー`)ノ
必要にせまられてやろうとしてセルフリフォームだけど、
今やむしろやりたい!すごくやりたいっ!!
読んでるだけで何でもやれる様な気になってきた(*´∀`)

家全体をリフォームしなければならないのですが、
今回の選手権は「お部屋まるごと」ということで以下の図面のうちの
二間続きの和室をわたし達夫婦の部屋一室と子供(中3男)の部屋にリフォームするプランを立てました。
a0022153_24645.jpg

プランはこんな感じです。
a0022153_2465945.png

とりあえず、二つの独立した部屋にするために二間の間のふすまは、壁になってもらわなければなりません(^_^;)
ふすまに貼る壁紙は家族それぞれが選びました。
息子はやはりモダンなコジエルがお気に入り。


ふすまはエスプリの効いたジグソー柄。




押入れはクローゼット化するので「木製シャッター柄」に。




わたし達は元々和室が寝室だったので押し入れは和の空間にもあうビンテージな壁紙を。


















わたし達の部屋のふすまは落ち着いた中にもモダンな味わいのイギリスの壁紙を。







とにかく壁紙屋本舗さんには素敵な壁紙がたくさんあり過ぎて選ぶのが大変でした
(^^ゞ





あと、息子の部屋になる予定の方の和室は押入れの他に収納スペース?のようなものがあり、
ここが開き戸になっています。
ここは、使い勝手の良いロールスクリーンにしたいと思います。



で、このロールスクリーンに内緒で恐竜柄の蓄光ステッカーを貼って
ちょっとしたサプライズ(^_-)-☆















わたし達の部屋の床の間、これは書庫にしたいわたしと
床の間として蘇らせたい旦那とで意見が別れてしまってるのですが、
とりあえずどっちに転んでもいいようにフローリング仕上げにします。











そして和室の砂壁にはあこがれの漆喰を塗り塗りぃ〜♪


残念な色になってしまっている柱など木部には柿渋を塗って生き返っていただきましょう!












残った床ですが・・・畳のままです。
なぜかって言うと、ここは現状渡しという条件でとても安い家賃にしていただいているのですが、
大家さんが畳は新品にしてあげる、と言って下さったのでご好意を受けさせていただく事にしました。
「畳」ってのも考えようによっちゃナチュラルですよね(^_^)

さぁ!どんっ!ご予算です(^^ゞギリギリ10万円内、がっちり買いましょう的な感じですね。
a0022153_352775.png


こんなどよ~んとした二間が・・・
a0022153_36456.jpg


例えばこんな素敵な空間に生まれ変わる・・・
a0022153_373062.jpg


考えただけでワクワクします(*´∀`*)
今回リフォームについて色々計画して感じたことは・・・
今まで「住」ということに無頓着すぎたってこと。
「まぁ、いっぺんわが家に来てみてよ!」って言えるようなお家になるように頑張りたいと思います!!
[PR]
# by bisyamonkikkou | 2012-09-28 03:12 | リフォーム日記

「11人もいる!」 #8 感想

これは…前半は田辺さんへのムチャ振りだね。
いやあるいはバランスか?

前回、実に感じていた引っ掛かりが今回の前ふりだったんだなぁ。

実は、というか実を通して宮藤さんは、
死者を、大切な人を失った悲しみを断ち切って自分が幸せを感じながら生きると言うこと、
その事に対する後ろめたさ、
大事な人を亡くした人が持つであろうその心の闇に、
「いいんだよ、忘れる事と今を生きるという事は違うんだ。」
というメッセージを送りたかったんだと思う。

ただ、そこへ持っていくまでの実のハチャメチャぶりが全く意味不明なんだけど・・・
それを宮藤さんのセリフの面白さと、
田辺さんの不思議な力技で強引に繋げちゃった。
そうしないと実がただの良いお父さんになっちゃうから。

しかし、ダイナミックママにマジぼれって。
メグミに対する後ろめたさに比べて、
生きてるメガネに対しての愛情はどうやねん!
先週まであんなに気を遣ってたくせに!
というダメだしをしたいところですが、
まぁ「僕が変態だから」と言った才悟があまりに可愛かったので許す!

あぁ、次回はいよいよ最終回。
宮藤さんのいう最初からこのラストだと絶対ダメって言われたって、どんなラストなんだろう?
気になるぅ~。
[PR]
# by bisyamonkikkou | 2011-12-12 15:08 | 誠一くん日記

「11人もいる!」 #7感想

とっちらかった感だった前回に比べて、盛り沢山でありながらすごーくまとまっていた今回。
オフィシャルブックで、当初今回の話しが最終回になるはずだったと読んで納得。

先週の最後に現れたなにやら暗い感じの謎の男。
実は(11人もいる!の感想やあらすじを読んでいて、こう出てくると「じつは」なのか「みのるは」なのか、パッと見、ややこしいね。)
メグミを殺した、というか事故死させた男。
この外山くん(高橋一生)が良かったなぁ。
よくも悪くも独特(ドラマ中の言葉を借りると)っていうか、
ものすごーく真面目で一本気で。
つけ麺の件で同室の受刑者と揉めてるのが笑える。

でもそれは、必ずしも周りにとって良いというわけではなく…それが今の一男と重なる。

この外山が現れたことにより、
メグミが幽霊となって真田家に戻ってきてる事、
そして、それが才悟に見えている事、
今までの不思議な現象はめぐみが引き起こしていた事、
そして…恵にもメグミが見えていた事!が明らかになる。

で、例によって恵がちゃぶ台返しでごちゃごちゃ言ってる実を一括、
無事にメグミは現真田家の一員となる。

そして、そんなメグミや、サムの助けを借りながら一男はソアラと仲直り。
やけにアッサリで、しかも先週まで一男&ソアラのカップルに全然共感出来なかったのに、
最後に一男がソアラをおんぶするところにジーンと来てしまった。
また追い打ちかけるようにサムの唄。
やられましたね、今回は。

お話し自体は丸くおさまったんだけど、
今回、実の様子がとっても気になった。
実には何か秘密というか家族に話していない何かがあるんじゃないか?って。

事故の直後に謝罪に来た外山へ向けた表情。
「成仏してくれ!」と恵に気を遣ってのことなのかめぐみに冷たいところ。
そして、外山の奥さんに「真田さんは大人だ。」
「再婚して幸せそうだった。」と外山の言葉を伝えられた時の表情。

それが次回であきらかになるんだろうか。
[PR]
# by bisyamonkikkou | 2011-12-12 14:37 | 誠一くん日記

「11人もいる!」 #6 感想

えーっと双子ちゃんメインの回なんですけど・・・
兎ちゃんのインパクトが強すぎて!
結局、双子ちゃんの抱える問題って何だったっけ?果たして解決したんだっけ?

とりあえず、小ネタは面白かったね。
・六助の「火はあ」
・おじさんの「僕は死にまっせぇ〜っん」
・才伍の「おばけがやりましたぁ(><)」かわいい!!
あと恵のお兄さんがね〜粟根さんって!!反則!先週の柳沢慎吾に続く笑撃!

あとネタふりも多かったような気が。
・めぐみの滅茶苦茶な「ちくキュウ」と
 実が恵の実家に行った時に出された「ちくわとキュウリの胡麻和え」
・居酒屋でアップになった実の結婚指輪。

そして、一男チャンプルで挽回かと思わせておいて・・・
「ふつぅ〜、ってかサムライスの方が好き」て、おいっ!ソアラ!!
このあっさり仲直りといかないところがいいね、逆にね。

で、今回やっぱりこの間のウーマンリブの舞台「SAD SONG FOR UGLY DOUTHER」を思い出してしまった。
実家(の生業)を、父の後を継ごうとする恋人を嫌う娘。
なんでしょう?娘は成長すると父を嫌いになってしまう。
そんな恐れが宮藤さんの中にあるんだろうか?

そして、最後に出てきた高橋一生さん。
彼は何者?メグミの秘密って??
[PR]
# by bisyamonkikkou | 2011-12-09 02:15 | 誠一くん日記

「11人もいる!」 #5感想

うちの旦那は「11人もいる!」を見ている間に、
だいたい4回~5回「お姉ちゃん、可愛いなぁ。」
ニ子と三子が並んでいると、
「お姉ちゃん達カワイイなぁ。と言う。
そんな可愛すぎるお姉ちゃん達を姉に持ってしまった五月の恋バナ。

いい子だねぇ、五月。
好みのトップが前原誠司!
そして原辰徳に中井貴一、で宅麻伸!!
このブレのないラインナップ!
そして五月自身もブレがない。
イケメンの転校生とか、被災地の子とか、
ギャップ萌えとか、ダンスとか。
そんなもんに乗せられない。

五月と転校生の彼氏が、朝、日直の仕事をしているシーンとっても良かった。
全然好みではない!にしても
ツンケンする事なく、ごく自然に二人で日直の作業をする。
そうしている内に五月も彼の本来の姿がわかってくる。
あぁ、なんて清々しい。

そんな、小学生の心洗われるような恋愛とは違って、
やる事やっちゃってデキちゃって、
でもやっちゃったデキちゃった事の責任を取る決心をして
サムからソアラを奪った一男。

家族会議の実が、久しぶりにカッコ良くって!
SAD SONG…の時も思ったけど
田辺さん、韓国語のセリフうまいね。
でも、一男とソアラの間に愛はあるのか?
そこに愛はあるのかい?
むしろ、ソアラに対する愛情はサムの方が強いんじゃない?
サムライス…「寿」って!!

サムって、いいとこの子で、ひとりっ子で
真田家みたいな家族、うらやましいなぁ、ってきっと思ったんだろうな。

なんだか、がんばれ一男!って
思えなくなってしまった。
この先どうなるの?
と思う間もなく柳沢慎吾って~!
[PR]
# by bisyamonkikkou | 2011-12-02 18:14 | 誠一くん日記